トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

元日や2日から営業しているスーパーは確かに利用者から見れば便利なんだけど

2014年も今日で3日目になります。なんだかここ数年で、スーパーの利便性が増したような気がしますね。以前はそうじゃなかったと思いますが、元日から営業しているスーパーというのも珍しくなく、2日にはほとんどのスーパーが営業をしている状況だと思います。

利用者側からすれば、元日とか2日から営業してくれることは物凄くありがたいことだと思います。普通ならスーパーの人間じゃない人はただそれを思うだけでしょう。私も今はそういう人間なんですが、それだけでは終わりません。元日や2日から営業をしてくれているということは、それに駆り出されている社員、アルバイトがいるということです。

多くの会社員の人はせいぜい4日くらいからの仕事じゃないでしょうか?スーパー、またはデパートといったお店はどうしてももっと早くから営業してくれるような需要があるというのはあると思います。私は大学生時代にスーパーでアルバイトをしていましたが、新年は2日からの営業で、2日から仕事に駆り出されました。2日はいつも通りの営業時間ではなく、やや短縮されてはいましたが、こんな忙しない正月というのもなかなかないです。

需要がある限り、利益になる限り社員、アルバイトを使えるだけ使って売り上げに繋げていくというのはごく自然な行為かもしれませんが、こういうところにも今の世の中のブラックな側面が見え隠れしている気がします。私に言わせれば3日くらいからの営業で良いんじゃないか?と思ってしまいますけど、経営者は利益が出るなら元日、2日も営業するぞ!という、迷惑なやる気に従業員は翻弄されているわけです。

おそらくスーパーは大晦日まで営業していますよね。結局、仕事納めなんて概念もほとんどなく、2013年から2014年までの仕事がほとんど繋がった状態でしょう。従業員の疲労がたまらないようにシフトなどで配慮されていれば良いですが、少ない人員でより多く働いてもらって利益を出さないとやっていけないスーパーはそんな考えは持たないでしょう。そういうスーパーは間違いなく元日、2日から営業しているでしょうし。

正月くらいもう少し休ませてあげてよ・・・。と思いますね。そんな特殊な職業じゃないのだから。私は当時はアルバイトでしたから、2日の労働時間は4時間程度でしたが、社員の人はもっと働いていたのでしょう。新年の元日や2日からそんなに働かされる現実を目の前にして、一体何を目標にこの1年間を頑張れば良いのか・・・?私ならきっとそう思うでしょう。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム