トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

Youtuberも格差社会!?報酬レートが下がり見捨てられる例も

人気動画投稿サイトYoutubeに動画を投稿し、その再生回数に応じて収益を手にするYoutuberたちにもちょっと陰りが見え始めてきたかもしれません。私はYoutuberではないので詳しいことは分かりませんけど、どうやら以前と比べて1再生あたりの収益額が下がってきているとのことなのです。これが全員に共通して起きている事象なのか?は分かりませんけど、数多く要るYoutuberのうちの何人もがそのレート激減を実感しているとのことです。

Youtuberの中でも、非常に格差はあって、HIKAKIN氏や吉田ちか氏、マックスむらい氏など非常に有名な人たちもいれば、ほとんど無名のYoutuberも数多くいます。これら有名な人たちは動画再生による収益に加え、企業と直接契約して、そこからの収益も非常に大きいでしょう。ただ、そこまで知名度のない人たちはとりあえずYoutuberとしては、動画再生のみで収益を稼いでいくしかないのです。この格差が以前からあったと思いますけど、それが顕著になりつつあるのかもしれません。

Youtuber間の格差について、「 広告料レート急降下で収益が激減 Youtuberも「格差社会」へ?」という記事では、以下のように書かれています。

>一方で収入が広告料のみのユーチューバーにとっては、1再生当たりのレートを下げられたとすれば死活問題だ。シバターさんは、HIKAKINさんら3人だけがCMに起用されたことにも触れて「ユーチューブは、一部のトップにいるユーチューバーだけを持ち上げて、ほかは全員切り捨てるのか」と怒りをあらわにした。

このシバターさんは私は残念ながら存じ上げないのですが、一部のトップユーチューバーのみを優遇する措置をYoutube側がとったとしても、それはしょうがないと思います。Youtuberは雇用されているわけではないので、Youtuberの収益や生活レベルについて考慮する必要はないですから、一部のYoutuberのみを優遇して、他を切り捨てた方が効率的ならば、その措置をとられてももはやしょうがないと思うのです。嫌ならやるなよって言われて終わりでしょう。

だいたい、この人はYoutubeからの広告収入のみでほぼ生計を立てているらしいのだが、そこがまず問題でしょう。Youtubeのパートナープログラムは割と最近登場したもので、長く続いているものではないと思うし、今後いつどういう変化が起こるか?は分からない。それに備えて、1つの収入源のみで生活できるレベルの収入を得ていたとしても、それがなくなるときのことを想定すべきだと思う。つまり、収入源は複数用意すべきだったと思うのです。1つの収入源に頼るとこういうことになる。

今回はあくまでもレートが下がっただけだから、収入がいきなり0になることはない。ただ、今回のことを良い教訓にして、Youtuber以外でも是非他の収入源を得るようにしてほしい。これはYoutuberだけではない。全ての働く人たちに共通する課題だと思います。私も似たような経験していまあすからね。アマゾンアソシエイトの料率が毎年変わるわけで、幸い、私が主に紹介している書籍類は毎年変化ないけど、いつ下がるか?分からないから用心していますよ。


>ITジャーナリストの井上トシユキ氏は、「レートが下がったという前提に立ち、あくまでも推測ですが」とことわったうえで、ユーチューブ側は、広く視聴者を集めるうえで活躍したユーチューバーが、その役目を果たし終えたと考えたのではないかと話す。自主的にユニークな動画を配信してアクセスを稼ぐユーチューバーは、「広告料を払って客を集めてくれる存在」だった。

サイトの知名度が上がって活性化すればさらに広告が増える好循環となり、ユーチューブ側としても都合がよい。ただ、もう集客段階が過ぎたのであれば、これ以上大勢のユーチューバーを抱えて広告料を支出し続ける必要はないと判断しても不思議はない。これからはサイトに登録したユーザーを放さないために、人気の高いユーチューバーだけを選別、優遇するかもしれないと井上氏は見る。こうなると「勝ち組・負け組」に二極化していく可能性は高い。


Youtube側の思惑によって、一部のYoutuberは犠牲になるかもしれない。一部のトップユーチューバー以外の人たちもYoutubeの収益向上に貢献したのは間違いないだろうけど、そういった人たちがもはや用なし状態になってしまったのであれば、ちょっと厳しいかもしれないけど、Youtube側が見放すようなことをしてもしょうがないかもしれないです。レートが下がっただけで、まだ報酬は発生するようですから、マシかな?と思います。

今後、動画作成に長けたクリエイターや芸能人などが参入してくると、益々こうしたマイナーといって良いのか?分からないですけど、そこまで有名ではないYoutuberは苦境に立たされるかもしれない。固定ファンを獲得していれば、一気に収益が下がることもないでしょうけど、今後Youtuberという職業もどうなっていくのか?「好きなことで、生きていく」というキャッチフレーズは全く同意なんだけど、収入源をこれ1つに限っているのはさすがに危ないと思うので、これを良い機会にして、他にもお金を稼いでいく手段を見つけていって、より安定した生活を手にしてほしいと思います。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム