トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職で筆記試験が課されたら、重要度はどれくらい?対策は?

転職における選考にはいろいろなものがありますけど、中には筆記試験を行うところもありますね。応募者が多いケースでは、筆記試験を実施して、事前に面接に進む人数を減らしておくという措置がとられることもあります。そのため、受ける企業によっては、告知されると思うんですけど、筆記試験の準備をしておく必要があります。転職の筆記試験は就職活動同様に、SPIという就職試験を採用する企業もあれば、もっと仕事に関連する専門的な筆記試験になる場合もあります。

どういった内容の出題なのか?というのも、あらかじめ知っておきましょう。さて、筆記試験は転職の選考において、どれくらい重要なのでしょうか?筆記試験はSPIなども場合であれば、仕事と直接関係ない出題になると思います。一般常識という言い方がされる場合もあると思いますけど、そこまで大掛かりな対策が必要になる試験ではないですけど、何も対策しないと確実にできないでしょう。したがって、転職活動をしながら、問題集を買ってやった方が良いと思います。

そして、かなり最初の方で実施される筆記試験は完全に足きり用のものだと思います。つまり、完全に点数のみで判断され、面接に進むことのできる人が絞られるということです。この場合はある種凄い重要といえると思います。筆記試験の出来がその後の選考に進めるか?どうかを完全に決定する要素になるわけですから、筆記ができれば、次に進める。できなければ、そこで終わりということになってしまいますから。

筆記ができただけでは、あくまでも第一関門を突破したに過ぎないです。でも、筆記ができなかったら、そこで終了なので、重要度はかなり高いと思います。そして、筆記試験は面接前の足きりだけではなく、他の場面でも実施されることがあります。それはもっと選考が進んで、面接と一緒に受けてくれと言われることがあるようです。1つの選考の中に面接と筆記試験が並存するケースです。この場合、2つを見て次に進ませるか?ここで不採用か?が決まると思いますけど、こういうケースの筆記試験の重要度というのはどれくらいなのでしょうか?

この場合、筆記試験が占める重要度というのは、企業により異なると思うので、何とも言えませんけど、筆記試験と面接試験と両方実施するということは、面接だけでは分からない部分を筆記試験にて見ようとしているという面も当然考えられます。それは例えば、通常のSPIのようなケースであれば、事務処理能力とか、教養や常識力などでしょうか。また、SPIではないもっと専門的な仕事に関連する試験の場合は、そのままで仕事に関する専門的な知識などですね。仕事をするうえでは欠かせませんから。

面接では、その人の人柄、性格を見て、我が社に合うか?社風に合うか?といった部分など、または仕事をするうえでのコミュニケーション能力を確認していると思われますけど、我が社の仕事を任せて本当に大丈夫か?といった仕事に関する専門的なチェックの部分をもしかしたら筆記試験でしているかもしれません。どっちにしろ、面接試験と並行して行われる筆記試験というのは、先ほど単純な足きりと比べると、企業から見た重要度が高いと思うのです。

先ほどの足きりはそれを突破しないと次に進めないわけですけど、企業としては別に筆記試験と通して何かを見ようとしている可能性は低いと思います。面接に進ませる人数を減らすためにやっている。ならば、企業にとっての重要度は高くありません。求職者からしたらかなり重要ですけど。しかし、面接試験と並行のパターンは求職者にとっても、勿論重要ですけど、それを実施する企業側から見てもとても重要な選考の1つになると思います。だから、面接試験と筆記試験の重要度の割合などは企業によって異なると思うので、何とも言えませんけど、筆記試験もある程度できないとマズイことは変わりないと思うのです。

そして、中には面接をやった後、いきなり筆記試験を受けてほしい。と言われることもあるみたいで、そういう抜き打ちみたいなケースも企業によっては報告されており、そういった事態に備えて、やっぱり最低でもSPIくらいは勉強しておいた方が良いのかな?と思います。SPIは本屋さんで売っている問題集を一冊買ってきて、それを何度もやればある程度対応できると思うので、抜き打ちの筆記試験などにも対応するには、筆記が告知されていなくてもあらかじめやっておいた方が良いかもしれません。

今後、転職活動を行っていくうえで是非オススメしたい求人サイトが「10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス」になります。ここは1つ大きな特徴を持っていて、それは、全国10万件に及ぶ企業に関する口コミが検索できる、本当に最大級といっても良いくらいの転職求人サイトになります。しかも、ここはイーキャリア、キャリアトレック、Find Job!、@type、Greenなどの大手、中小合わせて8つの転職求人サイトに掲載されている求人がまとめて検索できるという便利さもあります。転職求人サイトはすでに使っている人もいると思いますけど、だいたい1個とか2個くらいが限度だと思うんですよ。それはそれ以上利用すると管理が面倒になって、分かりづらくなるから。どこからどの企業に応募したか?とか覚えてられないですよね。

でも、転職求人サイトって、実は相当数があるんです。そうなると、利用するサイトが少ないと、それだけ実は自分は使っていないけど、別のサイトに自分が探し求めていた理想の企業、自分の希望の条件に合致した企業の求人が載っていた!?なんてことになりかねません。それは非常にもったないないですよね。その企業にであるチャンスさえあれば、本当にばら色の転職活動を遅れていたかもしれないのに、それに気付けないだけでチャンスを逃しているんです!そうなると、カバーする範囲が広ければ広いほど、より多くの企業に出会えるし、結果的にそういったチャンスを逃す確率は減りますよね。だからこそ、キャリコネ1つを利用していれば、8サイト分の求人情報が検索できるので、千載一遇のチャンスを逃す可能性が大分少なくなります。

おまけにキャリコネはただ求人を検索するだけじゃないんです。検索をしていて、あ!ここ良さそうジャン!という求人を見つけたら、その企業に関する口コミが見られます。口コミは実際にそこで働いた人が投稿したもので、給与明細を公開していたり、休日出勤や残業の頻度、働いてみて良かったところ、悪かったところなどを事前に知ることが出来るのです。だから、ちょっとヤバイかも?という企業は口コミを参考にすると、避けられるという便利なところもあるのです。今紹介したようなサービスが無料の会員登録を利用すれば、好きなだけ利用し放題ですから、自分が探している絶好の企業に出会えるチャンスを増やすために、危ない企業に入って転職を後悔しないためには、これ以上ない便利な転職求人サイトになると思います!


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム