トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

新入社員が有給休暇を使うために上司が納得する理由とは?

新入社員は、入社1年目ということもあり、非常に多くの雑用を任されたり、仕事場ではほぼ全員が先輩であるために、気を使ったりしないといけないため、気疲れすることも非常に多いと思います。彼らはそれだけじゃないですね。知らない人のために言っておくと、いつから有給休暇が使えるのか?というと、新入社員でも入社から6ヶ月普通に働いていくと、10日の有給休暇が与えられます。新入社員であっても、有給休暇は付与されるし、使いたいと思えば使えるということです。

しかし、多くの新入社員はそれを知っていても使えない状況にあると言えます。新入社員じゃなくても、有給休暇は使いづらい風潮が世の中にあって、個別の企業で見ても、使ったらマズイよな・・・。という雰囲気が漂っている職場は多くあると思います。すると、入社から結構経った人であっても、使うタイミングというのは、非常に難しいと思います。その中でどうしてm使いたい人っていると思います。そういう場合にはどう伝えれば良いのでしょうか?

有給休暇は基本的に時季変更権などを行使する場合を除けば、拒否はできません。ただ、立場を利用して、その行使に難色を示したり、理由を聞いてきたり(理由を聞かれても答える義務はない)、なんとかその人が有給休暇を使うのを止めるように仕向けてきたりもします。そういう職場ははっきり言ってブラックだと思うし、その行為はパワハラだと思う。ただ、そういう逆境の中でも、どうしても使いたいのであれば、相手が反論できない理由を提示すべきでしょう。

じゃあ、どういう理由ならば相手が反論してこないか?本来は理由を聞かれても答える義務はないし、答えるにしても「私用」で足りる。しかし、それで納得しない上司もいるだろうし、行使をやめさせたいと考えている上司であれば、もっとkwsk話せと言って来るだろう。そういうときには「体調が悪いので病院に行ってきます」といえば、たいていは引き下がると思う。それが例えば旅行に行ってくるとか、家でのんびりリラックスしたいとか言うと、「お前を何を考えているんだ!」とか、明けの分からない理屈をぶつけてくる可能性もあるのです。

要は有給休暇を使って、娯楽に充てるとなると、そこは猛烈に反論してくる上司はいると思う。実際、娯楽に使おうが何の問題もないのだけど。ただ、体調が良くないから、ちょっと病院で診てもらうといった理由は、上司としても反論しづらいじゃないですか?体調がすぐれないまま勤務したら余計に悪化して、仕事でも迷惑をかけることになるでしょう?だから、認めざるを得ないと思うし、ここで病院になんか行く必要ないと言ってきたら、そこは労働者の健康よりも会社の都合を完全優先するブラック企業だということになります。

本当にそうなったら、マジな話、そこで働き続けるのは止めた方が良いんじゃないか?と思うレベルですよ。一生、有給休暇とれないですよ。それどころか、過労死するレベルにまで働かされ続ける可能性すらある。マジでヤバイ会社だと思います。ただでさえ有給休暇がとりづらい雰囲気の中、新入社員が有給休暇を使うためには、この理由によって上司を納得させるしかないです。そして、その理由として1番上司が納得しそう、反論できなさそうなのが、すでに述べた理由になります。

普通の上司なら、体調が優れないから病院に行くと言ってくれば、認めるでしょう。そこで、何か文句言ってくる人間、根性が足りないとか言ってきたら、その会社に未来はないです。あなたが働いていても、社畜になるだけだから、第二新卒として、別の会社に転職を目指した方が良い。その上司だけがちょっとおかしいという可能性もありますから、その1人だけで決めるのはあれですけど。上司が変わっても、別の人間に申請をしても、状況が変わらないというのであれば、もう会社は本当にヤバイと思った方が良いと思います。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム