トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

大学に合格した入学祝いで貰える、あげる相場は一体いくら?

大学入学が決まると、結構お祝いを貰うケースも多いかと思います。大学合格して入学できるというのは、非常に喜ばしいことですよね。自分の中でどの程度満足した大学に合格できたか?というのはありますけど、どの大学にしろ、大学入学と同時に一定金額のお祝いを貰うことはよくあることだと思います。私の場合は、受験生のときに父親と約束していて、一定基準以上の大学に受かったら、30万円をくれることになっており、結局最終的にはそれ以上の大学に合格し、見事30万円を手にしました。

お金で釣られたわけではありませんよ?別にお金を貰えなくたって、良い大学に行きたいと思っていたので。最近だと、どこかの公立高校が有名大学に受かった生徒に100万円を渡す。ということが賛否両論でしたが、それと似たようなものかもしれません。ただ、これについても私と同様で、金で釣っているだけなのか?それとも、(お金がもらえなかったとしても)ちゃんと頑張った生徒に後から報奨金をあげるという目的なのか?では全然違うと思います。

お金で釣って勉強させているのなら、尾木ママも言うようにあまり良い印象はないかもしれないけど、ただ、頑張った生徒に対してご褒美をあげるだけなら、それは別に自由でしょう。私が貰ったお金と一緒だと思うし、別にいいんじゃないの?と思います。ただ、この場合は市からお金が出ているみたいで、そこが多分問題なんですよね。100万円を贈呈するということ自体は別にいいと思うんだけど、税金から出すのはちょっと・・・。という感じです。

そういった話題もありましたが、今受験勉強を頑張っている受験生も受験が終われば、おそらくそれなりのお祝いを貰えると思います。私の場合は、大学受験が終わってから、普段全く交流のない親戚からたくさんお祝いが届きました。10数件きたのかな?親から貰った30万円を合わせて、トータルで50万円くらいにはなったと思います。当時は高校生でしたから、そのほとんどは貯金しました。数万円くらいは使ったと思いますけど、今でもその貯金は残っていると思います。

合格お祝いの相場は分かりませんけど、私みたいに親から30万円貰えるというケースは少ないと思います。これはあげる方も多分悩むと思います。普段ほとんど接触のない親戚の子のために入学祝を包もうにも、いくらが良いのか?というのは多分悩む。私は貰う側ですから偉そうなことはいえませんし、いくらであっても貰えるだけでありがたいというしかありません。だから、別にいくらでも構わないのですが、あげる方はそうはいかないのかもしれません。

私の記憶だと、1~3万円の間というのが1番多かったと思います。あげる方もそれくらいの金額で構わないと思います。いくらでも別に何とも思わないですよ。普段全く会わないような親戚ですから、当時高校生の私からしたらほとんど他人のような認識ですから、そんな人からお金を貰えるだけでも凄いありがたいです。だから、私は就職はしませんでしたから、就職していれば、もしかしたら就職祝いも貰えたかもしれませんけど、それはしょうがないですね。就職祝いで、また親戚にお金を払わせるのも何かあれですし。

あまり合格祝いをいくら貰ったか?とか、いくらが平均なのか?とかはあまり考えるべきではないような気もしますね。貰えるだけでもありがたいと思うべきだと思います。お祝いという意味では、結婚式のご祝儀なんかはよく金額において議論がされます。普通の人なら3万円は包むべきとか言われますけど、3万円を強要するのはどうかと思いますよ。それは決して、結婚をするカップルがそうしているわけではありませんけど、社会がなんか圧力をかけている面はありますよね。

何か2万円だと偶数で割り切れるから、「別れ」を暗示するから避けるべきとか言うけど、そんなことを言うから想像しちゃうんだろが!(笑)逆にそういうことを吹き込まなければ誰も連想なんかしないと思う。だいたい、じゃあ奇数だって、どんな数でも割り切れなくて1余るから、「1人身」=「離婚」を暗示しそうだけど。実際はこれは2万円だと少ないから、それを増やすためにもそういう風潮を作って、3万円包ませるための策略とも言われていますね。話は大分逸れましたが、合格祝いはいくら貰ってもありがたいと受け取るようにしましょう。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム