トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

選挙でどこの政党が良いか?どこに投票するか?迷ってる人へ

いよいよ選挙ですね。投票先が決まっている人、決まっていない人もいるかもしれません。特に後者の人にオススメしたいのは、「日本政治.com」というサイトになります。ここは今、世間で議論の中心になっている話題20問について、賛成?反対?中立?などを選んで、答えると、それをもとにして「こんな政党に入れたら良いよ?」というものを提示してくれます。これはイケダハヤト氏(選挙の前に「投票マッチング」を試しておこう)のブログに載っていて、私も早速やってみました。

簡単な設問20問に答えて、あとは性別、年齢、普段の支持政党、自分の選挙区を答えると、オススメの政党と候補者を結果で提示してくれます。私もやってみましたが、5分もかかりませんでした。私は支持政党は基本的にありません。今回も支持政党なしと答えておきましたが、結果は「維新の党」らしいです。予想通りでした。民主党か維新の党じゃないか?と思っていたので。ちなみに、利用した全ての人の結果を見られるのですが、維新の党と表示された人が全体の3割で1番多いみたいです。

自民党は全体の10数パーセントにしかなりませんでした。マッチング度は、私の場合は1位が維新の党で、2位が民主党、3位が生活の党、4位が社民党、5位が日本共産党、そして、ずーっといって、最下位が自民党でした。結構当たってるんじゃね?と思いましたよ(笑)自民党が最下位ってところは特に。これはあくまでも参考ですから、ここで結果として表示されたところに投票しないといけないわけではありません。私自身、この結果を受けて、投票先の参考にしようとは思いませんから。

ただ、これを利用する前に考えていた投票先とだいたい一緒なので、参考というか、あえて参考にする意味もないかもしれませんけどね。必ず投票に行くと決めたわけではありませんけど。今後、ニコニコ動画などの選挙番組や政権公約、投手の訴えなどを見て最終的にどこに投票するか?そもそも投票に行くか?決めたいと思います。選挙も祭りと同じで、選挙の前のがやがやしているときが1番面白いのかもしれませんね。

今回の選挙はいきなりみたいなところもあり、解散の意義もよく分からないという人も多いですね。投票率が前回(6割弱)から下がることはほぼ必至と言われています。識者の意見によると、5割を切ってもおかしくないという声すらあります。実際、参議院選挙にいたっては、前回は52%ですから、次回は50%切る可能性も十分ありそうですね。衆議院選挙で、50%を切ったら、これは前代未聞でしょうね。私はそこまではいかないのでは?と思いますけど。

予想では55%くらいはいくんじゃないの?と思いますけどね。時期的に忙しいから面倒で行かない人もいるだろうし、寒いから行きたくないという人もいるでしょう。12月14日ですから、大学生とかは冬休みとかになっているかもしれない。大学があれば、そのついでに投票に行くとかもあるかもしれないけど、もう大学が休みになっていると、家にいれば選挙だけのためにわざわざ寒い中、投票に行くというのも億劫なのかもしれませんね。

投票率って、別に高いから良いとは思わない。低いことが一概にダメとも思わないので、投票率の低下を私自身嘆くことはしません。投票したい人はすれば良いし、したくない人、あえてしないことで意思表示をする人はそうすれば良いと思っています。お互いが好きなように選挙を捉えれば良いと思う。選挙権は権利であって、義務ではないので、選挙行かない人をdisったりするのは見ていて何だかなー?と思うし、投票を強制するようなことをするのはおかしいと思う。義務がしかれていない以上、それに文句があるのであれば、義務制を敷かない国に言うべきであって、国民にそれをぶつけるべきではないのです。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム