トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職の履歴書の趣味、特技欄で面接官にアピールする方法

転職をするときに企業に提出する履歴書で、困る項目というのがあるのではないか?と思います。それが趣味、特技の欄ではないでしょうか?自分の趣味や特技を書けば良いのですが、何でもそのまま書いても良いものではないだろうという認識が多くの人の中にあると思うのです。さすがに「オタ芸」と書くのは、誰もが悩むだろうし、それが本当に特技であったとしても、面接官の印象とかを考えると、書くのを躊躇ってしまうものってありますよね。

一般受けが良いものを趣味にしていたり、特技である場合にはそれで良いと思うのですが、そうじゃない場合もありますからね。また、よくある読書とか、映画鑑賞とかの場合も、何か面白みがないような気もしてきます。趣味、特技の欄はあなたの人間性や人柄を表すもので、採用にそこまで関係があるとはいえないものの、ここに書かれているものによっては面接官と話が弾んで、良い印象を持ってくれる可能性もあるのです。だから、ここに書いたものが思わぬ良い結果をもたらす可能性もあります。

だから、まず空欄にしてはいけないです。そして、簡略化しすぎて書くのもちょっとやめた方が良いかな?と思うのです。例えば、「野球観戦」と書いて終わりではなく、どれくらいの頻度で観戦に行くのか?応援しているチームは?なども付け足した方が良いと思うのです。私は転職の面接ではありませんけど、そういった感じで野球観戦と書いたら、面接官も野球好きだったのか?結構食いつかれました。

「〇〇(チーム名)は今年順位が芳しくなかったけど、どこを改善すれば良いと思うか?」といった質問をされたりと、向こうも興味を示してくれたみたいですね。人によっては、それがきっかけになって、話が弾んで即採用はないにしろ、採用の可能性を上げることにつながることはあると思います。だから、素っ気なく単語だけ書くよりは、普段この人がどういう風にその趣味を楽しんでいるのか?が想像できるようにして書くと良いと思います。

また、工夫する点としては、面接官が知らないようなものを載せておくと良いかもしれないです。聞いたことがないような趣味って、誰もが興味持つじゃないですか?ん?何これ?って当然聞きたくなると思うんですよね。そこで、あなたがそれを的確に説明できると、面接官も「ほお!」と思ってくれて、この人は説明が上手いなと評価してくれるかもしれないですね。例えば、名前すら分からないようなスポーツとかって、世の中にあると思いますけど、それについて面接官が質問して、それを行っている光景まで容易にイメージできるような上手い説明ができると、それは+評価になると思うのです。

というのも、例えば営業とかで自社の製品を他社に持って行って説明するときでも、いかに分かりやすく、いかに魅力を伝えて買ってもらうようにするか?というのは非常に大切ですね。全く知らない相手に対して、上手く、分かりやすく、納得できるように説明する能力というのは、誰もが持っているものではないですし、それが面接の場で披露できれば、仕事や会社でも行かせる能力ですし、そこは採用に関して有利に働くと思うのです。

趣味、特技に関する質問では、通常では仕事と関係ないと思われますから、合否についてそこまで影響を与えられない気もしますけど、やり方次第によっては、合否に大きな影響を与えられると思うので、ちょっと変わった趣味、みんなが知らないようなものを持っている場合には、それをあえて書いて、面接官にアピールしてみるというのもありかもしれませんね。転職の面接でも、テクニックというか、駆け引きが非常に大切になってくるということですね。

また、転職で企業選びをするときには勿論失敗できませんから、非常に慎重になってほしいと思います。企業選びをするときには、どういう転職求人サイトを使用していますか?是非、この場でオススメしたいのは「10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ転職サービス」です。ここはある1つの特徴があって、それは国内の大手、中小合わせて8つのサイトに載っている求人を一挙にまとめて検索できるのです。普通は転職求人サイトを利用していても、1個とか2個くらいになると思います。でも、それってある1つのリスクを抱えているのです。それは自分の理想とするような企業の求人が別のサイトに載っていたのに、そのサイトを利用していなかった性で、それに気付けないという非常に勿体無い事態があるということです。

すでに述べたように、普通は1個か2個くらいだと思います。それ以上増やすと、管理が面倒で、いちいちサイトを変えてどこからどこに応募したっけ?というのを見たりするのが大変ですから。でも、利用している転職求人サイトの数が少なければ少ないだけ、このリスクは高まりますよね。逆に転職サイトの数を増やすと、そのリスクは減りますけど、今説明したような別の弊害が出てきてしまうと。このジレンマをどうするか?というと、やはりキャリコネを利用すると、この1サイトで8サイト分をカバーできるので、そりゃ便利ですよね。だから、転職で成功するために、少しでも自分の希望に近い企業に出会える可能性を高めるためには、1番オススメなんです。

また、キャリコネはこれだけじゃないんです!企業を検索しているときに、あれ?ここ良くない!?というところを見つけたら、その場で口コミを見ることができます。口コミというのは、その企業で実際に働いた経験のある人からの情報が載っているのです。そこでどういう働き方をしていたか?仕事の内容、待遇面などの本音、リアルな感想が垣間見ることができます。また、給与明細も公開している場合があります。だから、キャリコネを利用すると、自分が理想としている企業に出会える可能性を上げるとともに、事前にそれぞれの企業の実態など、実際に働いたときのイメージを膨らませることもでき、口コミを見てヤバイ企業はこの時点で候補から外すことも可能で、ブラック企業などを避けて、後悔する可能性を差経てくれます。今まで紹介したサービスは会員登録をすると、全て無料で利用可能ですから、転職活動をしている全ての方に、絶対に転職で成功したいならばオススメしたいと思います!




関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム