トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ぼっち、一人なら大学の卒業式は行かない方が身のため?

大学の卒業式というのは、高校までと比べると、自由な面が強いです。高校までの卒業式は生徒全員が強制的に三渇せられる状況ですが、大学の卒業式はそういう性質のものではありません。卒業式に出たい人は出れば良いし、出たくない人は出ないでも構わないというスタンスのものです。したがって、毎年卒業式には出席しない人も多数います。また、親もそうですね。卒業式に出てくる親というのも、そんなに多くない。子が出ないなら尚更でしょう。

実際、大学の卒業式の出席率がどれくらいなのか?というのは分からないものの、そんなに多くない気がします。大学生活が非常に充実していて、今後の進路も決まっているという方はほぼ間違いなく出ると思いますけど、大学生活にあまり充実感もなく、例えば就職が決まっていないとかいう人は、卒業式どころではないとか、卒業式に出る気になれないという人も多くいると思います。それはむしろ自然な気持ちだと思います。

実際、卒業式に一緒に出てくれる友達がいないという方もいると思いますし、さすがに1人で出席するのは勇気がいりますよね。私も同じ気持ちでしたね。私は大学時代に友達がいなかったというわけではありませんけど、留年を経験したので、中の良かった人たちと一緒の卒業式には出られなかったのです。だから、私が出席する卒業式というのは、私1人で出ないといけないものだったのです。すると、当然つまらないですよね。

だから、私は出ませんでしたよ。それについて、親も何も言ってこないですし、卒業証書は郵送で送ってもらいました。やっぱり、リア充どもがうごめいている中、ぼっちで参加するのは勇気がいりますからね。これは成人式とかも同様だと思いますけど、多くの人たちが友達とわいわいはしゃいでいる中、孤独に打ちひしがれてその場で佇んでいるのは、やはりきついと思います。私は成人式は友達と一緒に参加しましたが、卒業式は余裕の欠席を選びました。

卒業式は単なる儀式に過ぎません。これに出ないと卒業できないわけじゃない。多くの大学はそうですよね。だから、苦痛を感じながら無理に出る必要はないと思います。本人がそれでも出たいと思えるなら、別に構わないけど、何か出ないといけないっぽいから無理に出るというのは、そこまで考える必要はないと思うのです。別に大学の卒業式はお祭りと同じだと思います。祭りが好きな人は行けば良いし、そうじゃない人は行かなくて良いでしょう。個人の好きなように選んで良いと思います。

少なくとも、別の方法で卒業証書が受け取れれば大丈夫ですから、卒業式は単なる儀式だと思った方が気が楽だと思います。女性は服装とかにも気を使わないといけないから大変ですよね。多くの人はこの日のタメにお金や手間をかけて素敵な振袖や袴を用意したりするんでしょうし、その後の謝恩会みたいな場ではドレスみたいな格好をしている人もいると思います。男性はそこまで服装は大掛かりじゃありません。たいていはスーツで大丈夫です。

女性の場合は、スーツは圧倒的少数派でしょうから、浮くという問題もあり、別に対して楽しくない卒業式のためにお金や手間をかけるべきとも思えない人たちだっていると思います。そこまでして卒業式を特別な節目とか捉えていく必要はないと思うので、出席するか?欠席するか?は個人で好きなように選んで良いと思いますよ。出たら明らかに後悔するだろうとうことが目に見えているのなら、あえて参加する意味はあまり見出せませんから。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム