トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

第二新卒の選考は書類専攻や個人面接がメインになると思いますけど、たまにそれだけじゃなく、集団面接なども課される場合があります。第二新卒は新卒の採用方法に近いと思うので、新卒の就職活動でも実施されている集団面接が行われてもそこまで不思議ではありませんけど、行われないケースの方が多いでしょうかね?それは1度に新卒ほど応募が集まりづらいと思われるので、個人面接で事足りると思うのです。

あえて集団面接をやるってことは、個人面接をする前にある程度人数を絞っておきたいという思惑があるのでしょう。ということは、その企業にはそれなりにたくさんの応募がきているということになります。倍率が高いので、全ての人数を面接することは難しいという判断から、まずは集団面接が実施されるのでしょう。集団面接というと、人によっては個人面接よりも嫌いという人もいるかもしれませんね。私も集団面接はあまり好きではありません。

集団面接の嫌なところは、他にも面接を受ける人がいるということで、それに圧倒されてしまう場合があるからです。要は自分1人だけならば、何とも思わないようなことでも、他にも面接を受ける人がいると、その人の話が気になってしまいますよね。勿論、他の人の話でも真剣に聞いておくべきですけど、何か他人の話って凄く思えたりして、自分のと比べて嫌悪感を感じたりすることもあるかと思います。集団面接は他人と自分をどうしても比べてしまうので、気持ちが動揺しやすいのです。

第二新卒の面接で、集団面接があったとしても、基本的には新卒の集団面接と大差は無いと思います。通常の集団面接で、1つの質問をして、それにメンバー全員が答えていくというものです。集団面接では、基本的には難しいことは聞かれないはずです。個人面接をするにあたっての足きりみたいな感じだと思われますから、難しいことは個人面接にならないとおそらく聞かれないでしょう。すると、集団面接を突破するためのハードルはそんなに高くないと思うのです。

個人面接は良い人を選ぶためのものじゃないか?と思われますけど、集団面接はダメな人を落とす面接じゃないか?と思うのです。つまり、別に目立たないとダメとか、立派な話が出来ないとダメというわけじゃありません。よほど内容がないとか、面接の態度が思わしくないとか、会話が成り立ってないとか、致命的な部分が露呈しない限りは、ある程度突破できる可能性があると思った方が良いんじゃないか?と思います。

したがって、集団面接にありがちな、他の人の方がよく見えたり、凄いこと言っているように見えるという点もあまり気にしないで良いと思うのです。それで自信を失って、ミスをしたりする方がよっぽど問題だと思います。だから、当然他の人たちも話は盛ってきています。純粋に嘘偽りなく話している人なんかいませんから、凄いと思った話があったとしても、それは話を盛った結果ですから、気にしてもしょうがないのです。あなたもおそらく多少は盛ると思いますから、お互い様でしょうね。

逆に他の人たちもあなたの話を聞いて、同じように感じているかもしれないです。挙動には表さないでしょうけど。したがって、集団面接の意味合いはすでに述べたとおりだと思います。あまり難しく考えずに、個人面接の前の足きりに過ぎないと考えた方が良いと思います。よほどマズイ行為とか、話をしない限りは即アウトもないでしょう。また、一緒になる他のメンバーの力量とかにも左右されるので、運要素も大きいです。相対評価される面もあると思うので。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム