トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ハローワークで、求人票と実際の仕事が違う被害を避けるには

ハローワークを利用して、求職活動をされている方もいると思います。ただ、ハローワークを全く信用しないで求職活動を行っている方もいます。ハローワークは一応国の機関なので、そこはちょっと民間よりは信用できるか?と思っている方もいるかもしれませんけど、その結果ある種ハローワークとそこの掲載企業の求人に騙された。ということがあるみたいですね。ハローワークは今はそういう噂が広まってしまって、信用していない人も多いかと思いますけど、注意が必要なのです。

注意しないといけない1番の理由は求人票と違う、求人票と実際の仕事が全く違うという被害です。これは別に稀なケースでもないみたいなのです。正社員の雇用のはずがアルバイトや非正規だった。給料が全然安かった。休日出勤や残業時間について明示のものと違った。など、挙げてみればいくらでもあるでしょう。そういう被害に遭われた方が多いようで、ハローワークに対する信用は落ちてきているというのです。では、どうしてそういうことが起きるのでしょうか?

詳しくは「」の記事でも書きましたが、ハローワークの立場として、どうしても弱い部分があるということなのです。ですから、嘘求人や空求人といったものにも強く言えない事情があるのです。ハローワークに求人を多く集めないといけない事情があるのですね。それは国が発表する有効求人倍率の指標になるのが、このハローワークに集まる求人だからです。つまり、国の有効求人倍率が低いと、それは社会不安を生み、治安の悪化などを恐れないといけなくなるために、見かけだけでもちゃんと仕事はあるよ?というように装わないといけないのです。

したがって、ハローワークにとっては、優先事項はとにかく多くの求人を集めることであり、その中身が真実とどれだけ合致しているか?嘘はないか?といったことは二の次にされやすくなっているということなのです。勿論、中身が虚偽か?どうかのチェックもされていますが、そのチェックは非常に甘い。というのも、チェックが厳しすぎて、嘘が全部明るみになるようなことがあると、求人を出してくれる企業がいなくなってしまうからです。

ある意味、嘘をつき通さないとやっていけないような企業がハローワークに求人をよこすということも言えるかもしれません。ハローワークに届け出ているような内容で本当に雇ったら、会社がやっていけない。しかし、真実の内容で求人を出しても、誰も応募がこない。そういう苦境に立たされた企業が頼るのがハローワークかもしれないのです。どちらにも弱みがありますよね。ハローワークはとにかく1つでも多く求人を集めないといけないが、企業は嘘をついてでも求人を出さないといけない。

そして、この両者がある種協力関係になってしまった形で、そこに巻き込まれるのが一般の求職者という形になってしまうのです。どう考えても国としてあるまじき事態が発生している、または発生するのが容易に見込める状況で、国はそういう状況を放置している。見過ごしている。ということがいえるかと思いますけど、本当に国民を裏切っているといわれてもしょうがないと思います。国としては、ブラック企業などを含めて、違法な労働をさせている、またはさせる可能性が十分見込める企業は排除し、求人票と実際の仕事内容とのチェックは厳密にしないといけないでしょう。

実際に嘘の内容でハローワークに求人を載せるような企業は、絶対に仕事内容とか、待遇は酷いですよね。容易に想像できると思います。そういう企業は絶対に排除しないといけない。それが当たり前だと思います。国の責務として。しかし、実際は国はそれと相反する行動をとってしまっています。明らかにおかしいと思うんですけどね。国がやるべきこととして。そういった事情が実際にあるわけですから、ハローワークを利用するときには注意が必要だということです。

じゃあ、既卒の人、フリーターの人、ニートの人などが求職活動をする場合にはどこを信用すれば良いのか?となりますが、そこは民間企業の方が良いと思います。こういった人たちを専門にサポートしている民間の会社はいくつかあります。そういう民間の企業はどうしてオススメできるのか?というと、基本的に多くの場合で、求職者を採用させると、採用してもらった企業から報奨金のようなものを受け取ることができる契約になっています。つまり、就職支援をする会社にとっても、求職者にとっても、採用してもらえることが最大のメリットになります。

就職支援を行う会社にとっても、一生懸命サポートして応募した企業に採用してもらえることが利益を伸ばすことにつながりますから、そこは求職者と目指すところが同じです。そうなると、当然一生懸命サポートしてくれるだろうとなるわけです。特にオススメしたいのは「第二新卒ナビ」です。ここは第二新卒だけではなく、既卒の人、職歴のない人などを全面的にマンツーマンでサポートしている会社です。面談から始まり、キャリアコンサルタントが希望の条件などを聞いて応募する企業を決めていきます。そして、応募する企業が決まれば、書類選考のために応募書類のチェックや添削をしてくれますし、提出の際にはキャリアコンサルタントによる推薦状(求職者の長所や魅力など、仕事で生きると思われる部分などをまとめたもの)を一緒に送ってくれます。

普段からキャリアコンサルタントとそこに求人のある企業はつながりがあるので、そういう人から送られてきた推薦状は必ず有益に働いてくれるでしょう。そして、書類選考が通ると面接対策で、基本的なマナーから、過去の企業ごとのデータを基にした適切な指導をしてくれます。ハローワークは淡々と事務的な手続きをしてくれるだけかと思いますけど、第二新卒ナビは、何よりも付きっ切りでマンツーマンであなただけのために力になってくれます。サービスの充実度は全然違いますね。利用は無料なので、あなたのために力になってくれる第二新卒ナビは本当にオススメです。

既卒・第二新卒の方を内定まで徹底無料サポート
書類通過率87%以上。面接対策無料【第二新卒ナビ】



関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム