トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

公務員試験の予備校はパソコン、スマホで映像講義が効率的

公務員試験の予備校に通う際には、いろいろな受講形態があります。今は受講生のニーズに合わせて、多くの受講形態が選択できるので、自分にあったものを選んでいくと良いのではないでしょうか?中でも、ここ数年で新たに登場したのが映像講義です。映像講義というのは、一般的な予備校に通って、教室で授業を受けるのではなく、あらかじめ収録された授業の映像をパソコンやスマートフォンから視聴して、勉強をするというスタイルです。

パソコンやスマートフォンから視聴できれば、要は時間や場所を選ばずに勉強ができるということになりますし、1回だけじゃなくて繰り返し視聴することができて、飽きるまで勉強できるということになります。従来の通学スタイルと比べても、かなり融通が利くスタイルになると思います。通学スタイルだと、決まった時間に予備校に通わないといけませんし、往復の交通費や往復するための時間もかかります。しかし、映像講義だと、そういったデメリットはありません。

決まった時間に勉強する必要はありません。好きな時間帯に勉強することが可能です。深夜だろうが、早朝だろうが、昼だろうが、都合の良いときならいつでもOKです。しかも、パソコンやスマートフォンは持ち運び可能ですから、大学にいるときでも、イヤホンなどを持参して、そこから映像を視聴して学習が可能です。大学にいると、授業が1つ空いていたりして、または急に休講になったりして、暇な時間もあるはずです。そのときに大学にいながら勉強もできます。

こういった感じで映像講義の優れているところは、個人の生活スタイルにあわせて、空いた時間のみを利用して効率的な勉強ができるという点です。これは通学スタイルなどでは、無理ですよね。やはり予備校に通う必要性が出てくるというのもありますし、授業を行う時間帯はあらかじめ決められてしまっていますから。今の時代にあった受講スタイルが、この映像講義になるのではないでしょうか?

映像講義だと、いろいろと便利なんです。それは早送りとかができるってことです。普通の通学スタイルの授業だと、行使の人が話しているときに、「そこ、オレもう知っているから、飛ばして次ぎやって!」とか言えないですよね。でも、映像講義だと、聞く必要のない部分は飛ばしていけますから、時間の無駄を最大限省略できるということです。通常の授業スタイルでは、ありえないメリットと言うことも出来ると思います。ちなみに講義のためのレジュメ、資料はWEBからダウンロードして使うことになります。こんな感じで、映像講義は誰にとってもオススメできると思います。

また、最近はさらに凄いのです。実際の授業を音声にしたMP3ファイルをダウンロードすることができる予備校も増えてきています。これは何の意味があるか?というと、例えば、電車に乗っているときなど、大学の往復の通学のときにその音声ファイルをお手持ちの音楽プレイヤーなどで聞いていただけると、そのときにも学習ができるのです。電車に乗っている時間も無駄にしない。電車に乗っている時間も勉強モードに変えられるというメリットがあります。

ただ、聞いているだけでもそれを何回も繰り返せば、かなり頭に入ってくると思います。通学時間が結構長いという人もいると思います。そういった方はその時間を逆に利用して学習ができるというメリットもありますね。普段は映像講義で、電車に乗っているときなどは音声講義で、といった風に使い分けていくと、非常に効率の良い学習ができると思います。今の時代は普通に予備校に通って講義を受けるのではなく、映像を活用した方が良いのかもしれませんね。通学スタイルとの併用もできるところもありますよ。


映像講義が実施されている予備校で有名なのは「資格★合格のクレアール」です。ここでは、すでに述べたような早送り機能もある映像講義、音声ファイルのダウンロード、講義資料やレジュメのダウンロードが全て可能です。また、クロマキー合成と呼ばれる技術を使った、最新鋭の映像を用意しており、非常に画質の品質に気を使っています。受講生にとって見やすい授業を提供するために、高画質な映像が期待できます。パソコン、スマートフォン、タブレットなどを使って、いつでも、どこでも学習ができる、そういった受講スタイルに興味があるのなら、クレアールは非常にオススメです。
資格★合格クレアール
科学的・合理的・経済的に資格試験の合格が目指せます!詳しい資料を無料で急送します。

関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム