トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就活の合同説明会で相応しい服装、必要な持ち物は?

就職活動のスタートはだいたい合同説明会から。という方も多いかもしれません。個別の企業の説明会に出るよりも、まずはお試し感覚で少ない時間ですが、複数の多くの企業を回れる合同説明会はある意味これから就職活動を始められる学生にとっては、丁度良いイベントかもしれません。合同説明会は冬の寒い時期から本格的にスタートすると思います。だいたい11月12月から、年明けくらいまで続くのかな?と思います。その際に1つ気になるのは服装かもしれません。

服装は基本的には特に指定はされていないと思います。指定があるならば、それを考慮した方が良いですけど、そうじゃないのなら、スーツで行くのが無難です。「服装自由」とか「私服」とか書いてあるならば、それを考慮すべきでしょう。そういう場合には学生も本当にそれで行くべきなのか?悩むと思いますけど、合同説明会で私服とか、服装自由というのはあまり聞きません。服装の指定は特になしという合同説明会が大半だと思います。

また、Youtubeとかに過去の合同説明会の様子がアップされています。それを見ると、明らかにほぼ全員がスーツです。不安な方はそういう映像を確認して、本当にみんなスーツを着ているか?を確認されても良いと思いますけど、私服で着ている人とかはまず見ないですね。別に私服でも良いのかもしれないですけど、確実に浮くのでやめておいた方が良いのではないか?と思います。浮きたくないならスーツですね。

仮に服装に指定があった場合、例えば私服を指定されているならば、私は私服で行って構わないと思います。合同説明会はそもそも採用の可否とは関係ありませんから、仮にj私服で行って浮いたとしても、ちょっと気まずい感じになるだけです。その後の選考で不利になるわけではありません。個別の企業の会社説明会は、服装によって選考で不利になる可能性は否定できませんが、合同説明会ではそういうことはないはずです。それはいちいち誰が参加しているか?出欠などをとっていないからです。

だから、別に服装で浮いたとしても、ただ自分がちょっと恥ずかしいくらいで、そこまで悩む問題じゃないかな?と思います。また、「私服」を指定されたなら、私服で行って浮くというのは考えづらいですけどね。私服で着てほしいと言われたならば、私服で行って浮くというのが可能性としてはかなり低いと思います。そして、曖昧な表現で「服装自由」と言われたらどうするか?これはちょっと悩むかもしれませんけど、このケースならスーツで良いのではないでしょうか?服装が自由ならスーツでも文句は言われないはずです。

実際、こういう曖昧な表現を使っているケースでは、大半はスーツで来ると思うんですよ。だから、服装が自由ならばスーツで行った方が良いと思います。また、真冬に行われる合同説明会の場合、コートを着て行く人も多いと思います。コートを着ていくと、当然室内では脱ぐことになるので、そのときにそのコートをどこに置くべきか?1度確認しておいてください。このブログでも、一応「就活の会社説明会や面接で、コートはどこに置くのが良い?」の記事で紹介していますので、良かったらご覧ください。

そして、合同説明会で必要な持ち物については、これといって言わないといけないものはないと思いますけど、強いて言うなら、名刺入れですかね?合同説明会に限りませんけど、企業の人事の方から名刺を受け取る機会があるかもしれません。そのときにそのまま受け取ってしまうよりは、名刺入れを出して、受け取ったらすぐに名刺入れに収納する姿を見せると、丁寧な扱いをしている。常識がある学生という見方をしてくれるかもしれません。名刺入れは1つ買っておきましょう。

あとは筆記用具やメモ帳またはノートくらいですかね?個人で持って行った方が良いと思うものを持っていければ良いでしょう。多くの人が思いつかないようなもので、私が必要だと思うのは名刺入れくらいです。名刺入れは合同説明会だけではなく、個別の会社説明会、面接など、企業の人と会うときには毎回持って行った方が良いと思います。いつ名刺を渡されるか?分かりませんからね。私がアドバイスできるのはこれくらいですかね?合同説明会は本当に就職活動の入り口に当たる部分だと思います。肩肘を張らずに楽しみながら参加できれば良いと思います。

これから就職活動を行っていくにあたって、内定を獲るために就職支援サイトを利用している方が多いと思います。ただ、誰もが使うような人気サイトばかり使っていると、ある問題が生じる可能性があります。それはそこから応募される企業というのは、かなり倍率が高くなりやすいのです。就活生みんなが利用しているような定番サイトを使っていると、そこからされるエントリーが膨大になり、そのサイトに求人を出している企業には応募が殺到するのです。

すると、どうなってしまうか?というと、常に高倍率の中で戦わないといけなくなるので、それは客観的に内定が獲れる確率は低いですよね。そこで、そういうみんながよく利用していそうなサイトも使っても良いのですが、それ以外のあまり就活生が使ってないようなサイトを利用していくと、リスクが大分分散されます。例えば「いい就職.com」というサイトは新卒大学生、既卒、第二新卒の方の求職支援を行ってくれており、かなり面倒見の良いサイトです。ここでは、他の就職支援サイトにはないような独自のセミナーの開催や相談を受け付けているので、本気で内定が欲しい方、他の就活生に差をつけたい方はオススメです。

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」



関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム