トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就活の会社説明会の予約が満席でも、参加する方法がある!

就職活動をしていると、当たり前のように出てくる会社説明会の満席表示・・・。中には学歴フィルターで仕切られていたりするのでは?という疑念も就活生の中には当然あるでしょう。真実は分からないものの、学歴フィルターなど関係なく、本当に満席状態になっている可能性だってあります。自分が参加したい企業だったのに、すぐに満席になってできなかった。と言うの場合にはどうしますか?まだ説明会の開催予定があるなら、それに懸けるというのもありますけど、実は結構な確率で、満席でも説明会への参加権を勝ち取る方法があるのです。

・締め切り直前までリクナビ、マイナビ、ポータルサイトをチェック!
これはリクナビ、マイナビ、または企業のコーポレートサイトにある説明会予約のページを締め切りギリギリになるまでチェックするという方法です。実は、どんな企業の説明会であっても、予約したけど、行けなくなったという人が必ずいます。そういう人は結構締め切りギリギリになってから、キャンセルすることが多いです。ですから、説明会予約の締め切り時間の間際にはキャンセルが相次ぐ可能性があるのです。そのときを狙うのです。したがって、締め切りギリギリになるときを見計らって、予約ページを眺めていると、空きが生まれる可能性はあります。

ちなみに、これずっとキャンセルが出るまでパソコン画面と睨めっこしている必要はないみたいです。「賢者の就活(http://kenjasyukatsu.com/archives/311)」では、Fire4exchangeという便利なツールが紹介されています。以下に引用させていただきます。

>このFirefoxプラグインは「ページに更新があれば、教えてくれる」というプラグインです。だから、キャンセルがあり、説明会の表示が「満席」から「空席あり」に変わった瞬間に通知してくれます。キャンセルされて予約可能になった瞬間を教えてくれるので、他の学生に先んじて、説明会を予約することが出来ます。

この3つの方法を使えば、説明会を予約できる可能性が増します。

説明会を予約できない、といってもすぐに諦めずに、予約する工夫をしてみましょう。



このツールを使えば、別にずーっとパソコン画面の前にひっついていなくても、キャンセルが出たりして、画面に変化が生まれた場合には自動的に知らせてくれます。したがって、別に外出していてもパソコンやスマートフォンを携帯していれば、その場で、空きが出た場合には説明会の予約がすぐにできるという優れものみたいです。これは非常に有効な策だと思うので、もし説明会が満席状態になってしまったら、締め切り近くにもう1度期待しましょう。


・企業に直接電話をしてみる
これは案外成功確率が高い方法じゃないか?と思うんですよね。どんな企業の説明会であっても、間違いなく欠席者は何人か出ます。特にキャンセル期間を過ぎてから、やっぱり行けなくなったという人もいるでしょうし、そういう人の中には企業に電話をしている可能性もあります。したがって、そういうケースがあれば、企業の人事担当者も、当日明らかに空きが出るというのは認識できているでしょうし、そういう場合であれば、出席を認めてくれる可能性も十分期待できると思います。

ドタキャンをする学生もいると思うので、だいたい、当日になって欠席者は何人かはいるでしょう。ですから、数人程度であれば、企業に直接電話してみると、案外許可が下りることはあるのではないでしょうか?ダメもとで電話してみると良いかもしれません。どうしても参加したい説明会、もうこれ以上日程が用意されていないような説明会の場合には、最終手段として有効だと思います。普通の人事なら、空きが確実にあると見込まれる状況なら機転を利かせてOKが出るのではないでしょうか?以上のような方法を使うと良いのではないでしょうか?


また、多くの方は就職活動をするときにいくつかの就職支援サイトに登録していると思われますけど、今使っているサイトは実は他の就活生の多くが使っていそうなサイトではないですか?もしそうならば、そういったサイトのみに依存すると危険です。というのも、就活生ならば誰もが使うような定番サイトというのは、単純に誰もが使っているということになり、そこからエントリーされる企業というのは、非常に高倍率になりやすいのです。つまり、一部の不人気な企業や業界以外は、応募した企業は常に倍率がかなり高い中で戦わないといけないために、自ずと内定まで辿り付ける確率は低いですよね。

そういったいくつかある定番サイトは載っている企業数も多く便利ですから、利用して良いと思いますけど、そこのみに依存するのは危険なのです。そこでオススメしたいのは「いい就職.com」になります。ここは新卒の大学生だけではなく、既卒の人や第二新卒の人たちの就職支援も行ってくれていますから、非常に面倒見の良いサイトといえるでしょう。求人に応募するだけではなく、他ではやっていないような独自のセミナーなども開催されており、就活生ならば誰もが利用しているサイトではないだけに、今使っている就職支援サイトに加えて利用して行くと有効に機能してくれると思います。

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」



関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム