トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

実はフリーターって最高の働き方じゃないか?と思ってきた

ニートをやっていると、毎日で暇を持て余してしまうと思う。でもサラリーマンとして働いたら仕事ばかりで、趣味に使う時間も身体を休める時間もなかなかとれない。また、仕事のプレッシャーから精神的にもヤバそう。次の日がくることを恐れる毎日なんじゃいか?そう考えるとニートもサラリーマンも嫌だ。

日本社会にはこの両極端しかほぼ存在しない。働くなら仕事だけの人生、働かないならずーっと暇という生活が続くのです。でも、ちょうど良い働き方があるのです。それはフリーターです。フリーターは生活していけるだけの給料が貰えるのか?どうかという問題もあるわけですが、それさえなんとかなれば特に問題のない働き方です。

何よりも、正社員みたいに仕事だけの人生にはならないでしょう。週に3、4日働き、1日の労働時間も4、5時間とかそういった割と緩い働き方も可能なのです。ニートと正社員の中間に位置する社会成層として、私はその優越性にかねてから注目していました。フリーター以外でも何らかの収入源を確保できていれば、私はそれで一生生活したいくらいです。

1番問題なのは世間体じゃないですか?これは本人が気にしなければ別にどうでも良いことでしょうけど、気にしてしまう人は多いと思いますよ。正社員が今の時代は普通であり、かつ憧れの存在でもある人が多そうですし。フリーターは逆に問題児とか、怠け者みたいな扱いをする人もいますからね。ただ、そんなフリーターの生活に私はとても憧れを抱いているのです。

フリーターで一生仕事をしていけるのか?という不安もありますけど、それが可能なら絶対にフリーターが良いです!ニートとサラリーマンの非常に両極端な生活の問題点を一挙に解決してくれそうですし。ただ、今のところは世間体を気にしている私はフリーターに特攻する勇気は無いです。というか、多分面接受からない(笑)


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム