トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

バイトテロが起きる原因は劣遇されている働き方への不満かもしれない

人気牛丼チェーン店の松屋に来たお客さんがお店にある唐辛子を鼻に突っ込んでいる画像が拡散されて騒ぎになっており、松屋がきちんと対処をしたという報告と謝罪をしたというニュースがありました。以前はアルバイトがふざけた画像をTwitterなどに投稿するという行為がありましたが、今度お客さんということで特定が難しいですね。

お客さんの場合は単なる悪ふざけの行為かもしれませんけど、アルバイトの人たちがこういうことをしていたことがありました。しかも結構いろいろなところで。アルバイトの場合は特定も容易でしょうし、クビになったり最悪の場合は損害賠償を請求されたりと、非常にリスクが高いです。アルバイトが正社員並に責任を負わされるのもイマイチ納得いかないんですけどね。ただ、にもかかわらず、こういった行為をするのはどうしてなのでしょうか?

彼らが一体何を目的としてこういう行為を行うのか?それは分かりませんけど、その理由によっては彼らが行った行為について、私はちょっとだけ擁護できる部分があるかな?と思います。というのも、バイトテロは労働者がある意味唯一、経営者よりも上の立場に立てる瞬間でしょうから。これはバックレて仕事に来ないような場合も同様でしょう。

こういったお店側に困る、損害が出る瞬間こそが唯一経営者が「そんな行為やめろ!」とか、「ちゃんとバイト先に来い!」とかアルバイトに要求して、それを呑むかどうか?をアルバイトが決定できるのです。つまり、お店の命運はアルバイトが握っているということでしょう。ですから、こういった瞬間が唯一、アルバイトが経営者よりの上の立場にあるのです。

アルバイトは勤務時間とか、シフトとか、時給とか、その他待遇とかをあらかじめ決定されていて、それを呑むかどうか?しかできません。呑めば応募するし、嫌なら応募しない。ただ、えり好みをしてばかりではいつまで経っても仕事は決まらないし、少しでも良い条件のところはすでに埋まっているという状況でしょう。ですから、ほとんど労働者は妥協して嫌なところでも働かないといけない。明示された労働条件に不満でも働くことを余儀なくされるのです。

働き始めてからも裁量はなかなかないでしょう。言われるがままに働いて褒められることはなかなか無くて、上司、お客さんから文句を言われることの方が多いでしょう。結局、アルバイトの人は働いている間は常に経営者に言われるがままに働くしかない。それが嫌ならクビになるだけ。それが嫌だから結局、言われるがままに働き続ける。そういう負のサイクルで成り立っている面はあると思います。

ですから、常に経営者は労働者よりも上に位置しています。本来、雇用契約というのは労使対等が原則です。でも、「労働契約」って聞いたことありませんか?これは経営者が労働者よりも明らかに立場が上になってしまっている現代に特有の雇用契約を言い表した用語なのです。つまり、現代は雇用契約ではなく労働契約なのです。こういう言葉を使うことを法律が認めてしまっているわけです。それくらいに現代は経営者の立場が極端に上となっているのです。

経営者によって、労働者は非常に厳しい待遇に追いやられているわけですが、そういう意味ではこういったバイトテロ行為が行われると、ちょっと立場が逆転することに気付くわけです。そして、仮に全国のアルバイトの人が「そういう方法もありか!?」って思って、バイトテロ行為が頻発したらどうなるでしょう?お店としては営業がやっていけなくなります。現に閉店に追い込まれたお店もあるようですし。経営者がバイトテロの恐ろしさを認識し、アルバイトを劣遇していることが原因だとしたら、自然にアルバイトの地位も向上していくのではないでしょうか?

バイトテロ行為は衛生面にもかかわることですから、これはお店側の人間だけではなく、実は消費者、利用者からもそういう要請がくる可能性があります。ならば、より一層アルバイトの待遇改善への圧力は働くでしょう。つまり、バイトテロ自体は客観的に見て問題のある行為なんですが、それがアルバイト、派遣などの劣遇状態にある労働者の地位向上に間接的に繋がる部分もあるのです。

バイトテロ行為ははっきり言って、とんでもない行為です。逆いうと、そんなとんでもない行為が連日のように頻発して前代未聞の社会問題にならなければ、底辺を彷徨う労働者の待遇改善への動きは一向に見られないとしたら、それこそが1番の問題でしょう。こういった問題行為が頻発でもしないと動かない社会って一体・・・。

彼らが労働者全体の地位向上に貢献するために行ってきたとは想像できませんが、そういう気持ちが狙いが微塵でもあったのなら、私は正直同情できる部分はあります。バイトテロ行為が今まで良いように自分たちを扱ってきた「経営者に対する抵抗」の意味もあるとするなら、現代のバイトテロ行為は社会が劣遇された労働者を放置してきたツケからきているのではないでしょうか?アルバイトを雇っている各経営者、店舗運営者は、こうしたアルバイトの行為が大問題に発展する前に気付いて、彼らの言い分を聞いてあげることが何よりも必要だと思います。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム