トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

会社説明会に参加した後にお礼のメールや手紙は必要?

そろそろ就職活動を始めていく大学3年生も増える頃かもしれません。そのスタートはリクナビやマイナビに登録して、そこからエントリーをして会社説明会に参加する。そして、その後に面接などを受けていくというパターンが多いと思います。さて、たいていの企業はまず会社説明会に参加してもらうところからスタートします。その会社説明会は内容は企業ごとに違うと思いますけど、あまり期待しない方が良いかな?と思います。そんな大そうな説明会をするところはまずないと思うので。

私の経験でいうと、参加しても意味があったと思えるような説明会はまずなかった気がします。じゃあ、何で参加したのか?というと、参加しないと選考に進めなかったりする場合もあれば、参加しないと不利益取り扱いをされる恐れもあったので、仕方なく参加していた記憶があります。実際、強制的に参加させる(参加しないと選考に進めないなど)、強制ではない場合の2通りあると思いますけど、結局、後者の場合であっても、就活生の心理的には参加しないとやっぱり不利になると思われるために、事実上選考を受けたい企業は参加せざるを得ない状況になると思います。

そして、そんな会社説明会が終わった後ですが、中にはお礼のメールを出した方が良いのか?と疑問を持つ人もいるようです。私は当時はそんなことは微塵も考えませんでしたけど。お礼をわざわざ出そうと思える説明会を経験しなかったから。かもしれませんけど。ただ、そのように迷っている人がいるならば、私の考えでは別に出す必要はないでしょう。常識的なものに照らすと、出す方が不自然かな?と思います。説明会ごときと言っては失礼ですが、説明会からお礼を出すのはやり過ぎかもしれません。

出さない人の方が圧倒的に多いはずです。説明会に出た後にわざわざお礼のメールや手紙などを出す人の割合はほんの数パーセントだと思いますよ。だからこそ、そこでわざわざお礼のメールや手紙を送ると、人事の頭に残り、好印象で、その後の選考がやや有利になる。といっている人もいます。確かにその可能性もなくはないですけど、私だったら、逆に引きますよ。「説明会ごときでいちいちお礼をしてくるのか(笑)」と思うと思います。マイナス評価にはしないにしても、プラスの評価にもしないですね。

これは人事担当者によります。さきほど言ったように好印象に捉えてくれる人もいれば、私のように逆効果となる可能性もあると思うので。だからこそわざわざお礼のメールや手紙などを出すのはやめておいた方が良いんじゃないか?と思うのです。実際、説明会でお礼をしているのであれば、その後の選考のたびにお礼をしないと不自然じゃないですか?その後の集団面接、個人面接、グループディスカッション等の選考があると思いますけど、そのたびに1回1回お礼をするんですか?何回も何回も同じ人からくると、さすがに人事もウザったくなるのではないでしょうか?1回ならまだ自然だと思いますけど。

じゃあ、その1回をどこでやるか?っていったら、内定を貰った後でしょう。そこが1回だけお礼をするのなら、1番ベストなシーンだと思うのです。さすがに内定を貰った後はお礼をどこかのタイミングでした方が良いと思うので、そこですれば良いと思います。逆に内定が出るまでのタイミングでは、しても良いけど、しない方が無難かな?という気がするのです。それは、先ほども言ったように、何度も何度もお礼をすると、それこそしつこいですし、じゃあ、したりしなかったりというのも何か不自然になってしまうからです。普通、内定後は誰もがお礼すると思うんですが、それ以前のシーンではせいぜい面接終了後に、説明会終了後などに会社の人に口答で「ありがとうございました」と一言添えるくらいで、十分でしょう。

そういうわけで、個人の好きなようにして構いませんけど、私としては会社説明会の後にあえてお礼のメール、手紙、電話をする必要は無いのではないか?と思います。内定を獲るために、他人よりもリードしたいというのであれば、それは別の方法で行うべきでしょう。例えば、利用する就職活動支援サイトで差別化をしていく方法はあります。例えば、多くの方が利用しているような定番で有名なサイトはリスクになることがあります。就職活動で内定を獲るためのコツというのは、いかに倍率の低い企業を受けるか?です。

就職活動を始めるときに誰もがまず登録するような知名度のあるサイトは、多くの人が利用しているということですから、そこから応募したエントリーというのは、どこの企業というのも高倍率になりやすいです。よほどの不人気企業や業界以外は、かなり高い倍率になることが予想されます。したがって、そういう定番ともいえる、誰もが利用するようなサイトを利用するのも良いです。そういうサイトは掲載企業が多いので、それだけ好条件、自分にとって探していた運命の企業に出会える可能性が高まりますから。そういう有名サイトにもメリットはあります。そこも引き続き利用していきましょう。ただ、それだけを使って就職活動を行うのは非常にリスキーです。そういうサイトのみ利用して行くということは、常に倍率の高い中で勝負しないといけない可能性が高まりますから。

そうなると、例えば、新卒や第二新卒の就職支援をしている「いい就職.com」は是非推薦したいサイトの1つになります。知らない人も多いと思うので、知名度はやや劣りますよね。ここでは、単に求人を紹介するだけに留まらず、独自の説明会、セミナーの開催をして就職活動に関する理解を深めることができるような、そういったサービスが受けられるのです。手厚いサービスで若者の就職を支援してくれており、いつでも専門の相談員が相談に乗ってくれたり、お話を聞いてくれるはずです。本気で内定を手にしたい就活生、他のライバルに差をつけたい方ならば、是非オススメしたいと思います。

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」



関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム