トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

公務員試験の予備校に行かない人でも合格できる?

公務員試験の予備校に通う人はたくさんいますが、独学で勉強している人も多くいますよね。どっちが正解とか、不正解というのはないと思います。どちらを選んでも合格できれば良いわけですし、不合格になるのはどちらのケースでもありえます。ただ、問題なのはこれは結果が出ないと分からないということです。結果が出てから、通ってよかった、通わなくても良かった、通うべきだった、とか、そういう推測ができるようになるのですから。そういう意味では、事前に通った方が良いのか?通わなくても良いのか?確実に判断するのは難しいです。

しかし、予備校に通った方がほぼ確実に合格の可能性が上がるだろうな。と判断できる人はいると思います。それはどういう人か?というと、面接が苦手な人です。ご存知の通り、公務員試験は筆記試験の後に面接試験があり、近年はその回数が増えたり、配点が高くなったりと、いわゆる人物重視の傾向が公務員試験では強いです。以前と比べても面接試験の重要性が増して、筆記試験に受かっても、面接試験が苦手という人は、それだけ公務員になれる可能性は乏しくなってしまいます。

自分で面接が苦手か?得意か?ってのは分かると思います。初対面の人と話すのが苦手とか、人見知りが激しいとか、そういったことでなんとなく分かると思います。筆記試験に関しては、予備校に通っても良いですけど、通わなくても特に問題があるとは思えないのです。それは努力の量がモノを言う試験だからです。しかし、面接というのは正解というものが存在しないために、面接官に評価される基準がよく分かりません。つまり、たまたま自分が話した回答が評価されるか?されないか?というのは、運次第ということにもなってしまいます。

筆記試験と違って、努力で克服できる部分が少なく、運で決まる部分が多いのが面接試験になります。ですから、筆記試験と違って、単純に面接の対策をしていれば良いというわけではなく、面接独特のノウハウを身に付けていく必要があるのです。そのときに予備校が役に立つわけです。予備校には長年蓄積された経験と受験生等から提供されたデータがあります。そこから導き出されるものが、面接に受かるためのノウハウになるわけです。さすがに独学でそこを身に付けるというのは厳しいでしょう。

また、面接対策本については市販のものがありますが、それを使っても構わないと思いますけど、問題は面接の練習ができないということですね。筆記試験の練習は過去問題を解いたり、模試を受けたりできますけど、面接の練習、特に公務員試験の面接の練習というのはなかなかできる機会がないのです。民間企業の面接ならば、対応してくれるところはいくつかあります。大学の就職課、ハローワーク、ジョブカフェなどがあると思います。ただ、公務員試験のノウハウを持って面接をしてくれる機関は残念ながらあまりない印象なのです。

そうなると、公務員試験独自の面接対策ができるのは、予備校が1番ということになります。予備校は公務員試験の面接に特化した指導ができますから、そこが他で行う面接対策とは違うところです。予備校では、面接の時期が近づいてくると、まずは面接対策講義が行われ、面接試験のイロハについて解説がなされます。そこでは、面接対策は何をすれば良いのか?面接官は何を見ているのか?採用基準はどういうところにあるのか?といったことを過去のデータや経験から分析して、それを受験生に伝えていきます。

そして、いよいよ模擬面接を受けることになります。単科講座を受講している場合には回数に制限があることもありますけど、そうじゃない場合は無制限で模擬面接を受けられるところが多いです。ですから、気が済むまで受けるということもできるかもしれません。模擬面接では、一通り本番の面接を意識した面接が行われ、それが終わるとフィードバックという形で面接官を務めた人から、感想やアドバイスなどが伝えられ、それを次回以降に生かしてまた臨むということになります。

最近の予備校では、普通の個人面接もあれば、集団面接にも対応してくれていますし、また集団討論(グループディスカッション)の練習も行ってくれるところが多いです。ですから、二次試験以降の人物試験には全て対応が可能ということになると思います。予備校を利用するメリットとしては、そこが非常に大きいと思うのです。予備校に行かない人も合格は可能でしょうけど、自分の感覚として面接が苦手という方は予備校に行かないと、面接対策は疎かになりがちなので、合格可能性も上がらないということになってしまうかもしれないのです。そこを基準にして、予備校に通うべきか?通わなくても良いか?考えてみましょう。


公務員試験の予備校を面接対策から探すのであれば、やはり「資格★合格のクレアール」は見てほしいですね。面接対策という意味では、他の予備校と比較しても非常に丁寧な指導がなされています。最初から最後まで面倒見が良いのです。それは面接対策のための講義を見れば、一目瞭然なのですが、面接試験の講義はたいていの予備校は大雑把にまとめたものを数回やって終わりでです。ただ、クレアールの場合はなんと16回ですよ?本来は簡略化されてしまっている予備校での面接対策の講義が非常に丁寧に回数と時間をかけて、筆記試験と同様に大切に行われているのです。また、16回の講義は面接や人物試験に関するテーマごとに細かく分かれており、かつ映像ライブラリー化されているため、その中から好きなものを選べたり、普通のペースよりも早く、先に講義を受けたりということもできます。さらに、過去の受験生が残してきた面接のデータをまとめたものを自由に閲覧できます。自分の受ける試験種の過去に面接は実際にはどういうものだったのか?雰囲気や聞かれた質問等などの如実な再現を見ることができるのも大きいですね。そして、プロの講師に面接カードの添削もお願いできますし、模擬面接を受けて講評をしてもらって、万全の体制で本番の面接に臨むことができるでしょう。面接対策に特に重点を置くなら、オススメしたい予備校ですね。
資格★合格クレアール
科学的・合理的・経済的に資格試験の合格が目指せます!詳しい資料を無料で急送します。




関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム