トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

「好きなことで、生きていく」Youtuberに激しく共感

最近、テレビCMでYoutuberと呼ばれている人たち(Youtubeに動画をアップして広告収入で収益を得ている人たち)が出演しているのをよく見ます。Youtuberと呼ばれている人たちは以前から、認知はされていました。日本でいうと、だいたい3年くらい前からそういった層の人たちが活動をされていたようです。Youtuberの中には、その動画による収益のみで、十分生計を立てられるほどの金額を稼いでいる人たちもいるようです。

日本で特に有名なのは、HIHAKIN氏、マックスむらい氏など、ごくわずかだと思います。やはりあくまでもYoutube上でしか露出があまりないので、一般人の認知度はそれほど高くないと思うのです。ですから、初めて例のCMを見た方は、一体の何のCMなのか?それすらもちょっと掴めないかもしれません。ただ、現実的に彼らのようなお金の稼ぎ方、生き方が世間に浸透するきっかけにはなっていると思います。Youtuberっていう仕事、仕事ではないですね。生き方があるんだと分かってくれる人も中にはいるでしょう。

そして、CMの最後に出てくる「好きなことで、生きていく」というキャッチフレーズが凄い印象的ですね。お金を稼ぐってことは、多くの方にとって苦役を伴うことだという認識が浸透しちゃっていると思うんです。例えば「楽して稼ぐ」ってキーワードに過剰に反応して、それを否定する人たちは多くいると思います。実際に楽して稼げる方法があるか?は別として、それが仮にあるのなら、それが何故いけないのでしょうか?お金を稼ぐ手段=労働=辛いものという方程式が多くの人の中に勝手に組み込まれてしまっているのではないでしょうか?それを解きほぐしてくれる人たちの中に、ユーチューバーと呼ばれる人たちが存在すると思うのです。

彼らにとっては、Youtubeに動画を挙げて、それでお金を稼ぐというやり方はもはや仕事じゃないと思うんです。趣味や日課に近いと思うのです。つまり、楽しいことを仕事にしているのではなく、楽しいことでお金を稼ぐ(生きていく)という認識なんじゃないか?と思うんです。彼らにとって、朝起きて、顔を洗うだけでお金が入ってくる。そんな感覚じゃないでしょうか?楽しいことが仕事になるのではなく、楽しいこと、好きなことがそのまま生きることにつながる。という新しい概念というか、考え方を提示してくれたのではないか?と思います。

私自身以前から好きだった文章を書くということ、それを世の中に発信していくということを1つの生業になしているわけです。これはお金にならなかったときからやっていることであって、どちらかというと趣味や日課に近いです。それは今では収入にもなっているということから、好きなことで、生きていくということが少しばかりは達成できている状況かな?と思います。ブログを書いている人ととか、文章を書くのが好きな人ってたくさんいると思います。そういう人たちっていうのは、現在どういう手段で日夜お金を稼いでいるか?分かりませんけど、その好きなことを生きることにつなげられる可能性を大いに持った人たちでしょう。

例えば、今は「クラウドワークス」といったクラウドソーシングサイトもありますし、「Sagoooワークス」といったお小遣い稼ぎサイトもあります。双方ともに、ライティング(文章作成)を請け負うことのできるサイトで、かなり自由に仕事ができることから、フリーランスやその他の大勢の人たちが利用しています。私もこれらのサイトを利用していて、まさに自由な働き方(生き方)を実現しています。私の場合はこれらのサイトによって、収入を増やすと共に、収入源を複数確保することができていますね。だからこそ、普通に会社で働かなくても生きていけるのです。こういったサイトは紹介仕切れませんけど、実は探してみるとかなりたくさんあります。私と同じように文章を書くのが好きな人や得意な人は、本当にやる気さえあれば、こういったサイトで生計を立てるのも可能でしょうし、そこまでいかなくても、最低でも副業には十分なると思うんです。

ネットの可能性は無限大ですよね。ネットが進化して、いろいろなサイトやコンテンツが生まれたことによって、私たちのお金の稼ぎ方、生き方そのものが変わろうとしています。その流れに乗って、すでに従来とは違った働き方をして生きていく人もいますし、それに気付かないか、それを受け入れないか、分かりませんけど、従来の働き方を続ける人もいます。別にどちらでも好きな方を選んでほしいと思うんですけど、Youtuberの人たちだって、自分で動画を作成して、それを世界中に発信して収益を挙げている。動画作りが1つの趣味や日課になっている人たちでしょう。

実際に自分の好きなことで生きていくことが可能な人たちがいるってことは1つ参考になると思いますし、そっちの世界に飛びこもうかな?って思えるきっかけにもなると思います。ネットがこれだけ進化してきたことによって、従来考えられなかった生き方ができる。そのことに気付けると、人生がもっと良い意味で変わっていくのではないでしょうか?彼らYoutuberは、そういうことを望んでいる人たちに対する生きる教科書的な存在のようにも思えてきます。このブログでも、私自身がそういう教科書になれるように、今後もたくさん文章を書いて、発信して、たくさんの方に見てもらえればと思います。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム