トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就活の合同説明会は行くべき?行く意味ってあるの?

就職活動をもう少しで始めるという人もいるでしょう。そろそろ多くの大学生が就職活動を始める頃ではないでしょうか?そして、多くの大学生は就活の最初は合同説明会からスタートするという方も多いかもしれません。合同説明会は数多くの企業が一堂に会して、各企業のブースごとに個別に話を聞いて回ることができるというものです。だいたいこの時期から年明けくらいにかけて行われるのではないでしょうか?ただ、この合同説明会に出る意味ってあるのでしょうか?

合同説明会は、基本的に就職活動のスタートと共に行われるものなので、真冬に行われることが多いです。そして、大きな会場を借りて行われるのですが、ニュースの映像などでも見たことあるかもしれませんけど、入場するまでに時間がかかって待たされるのです。非常に寒い中長時間待たされることを考えると、すぐに中に入ることが可能な個別の企業の説明会に出ていればそれで良いのかな?という気はします。本当にこの季節は寒いですからね。

それと、基本的に合同説明会に出るか?出ないか?ってのは選考と関係がありません。個別の会社説明会は説明会に出ないと、そもそも選考に進めない。説明会の中で履歴書やエントリーシートを書かせることも多々あるので、出席は必須としている企業が多いです。ただ、合同説明会はそういった縛りは基本的にはありません。合同説明会をやる企業でも、個別の会社説明会は後でやるはずですから、そっちに出れば十分ということもいえそうです。

どうせ選考に進むためには、個別の会社説明会に出席しないといけません。そうなると同じような話を2度聞く可能性もあり、単なる時間の無題になってしまう可能性もあります。選考と関係がないのなら、個別の会社説明会も出ない学生も結構いそうなものですけど、そういった意味では合同説明会は選考と関係がないのであれば、わざわざ参加する必要性は相当乏しいと考えてくれて良いのではないでしょうか?この寒い時期ですから、余計に必要性は乏しいと思います。

また、すでに述べたように合同説明会で話される内容というのは、さほどここでしか聞けない話というものではありません。そもそもブースごとに行われるので、人が多く集まっている企業の場所では、話を聞いているだけで精一杯でしょう。時間も短いために、そこまで実のある話が聞けるとは思えないのです。ただ、これは個別の会社説明会も同様かもしれませんけどね。実際、参加してみると分かると思いますけど、個別の会社説明会も大した話を聞けるケースは少ないような気がします。

私は個別の会社説明会には何社か参加したことありますけど、そのほとんどはあえて参加するほどの内容とは思えませんでした。ホームページ見ればだいたい分かりそうなことばかりで、あえて参加する意味があったとはあまりおもえなかったのです。そうなると、それよりややコンパクトに行われることが予想される合同説明会では、少なくともそれを上回る内容の説明会になるとも思えないのです。詳しくは企業ごとに異なると思いますけど、全体的な傾向からいうと、そんな感じではないでしょうか?

そういった意味でいうと、内容もそこまで期待できるものではなく、出席することが選考に関係あるものでもないということを踏まえると、無理に参加する必要はないと思います。結局、興味ある会社であれば、その後の個別の会社説明会には出席するでしょうし、参加することがおかしいわけではありませんけど、参加する意欲がわかないのであれば、別に参加しないこともおかしいわけではないと思います。就職活動のスタートにもあたるイベントなので、就活に対するモチベーションを上げていく意味でも、参加する意味はあるのではないか?と思いますけどね。参加するか?どうかは各自で自由に決定すれば良いでしょう。

これから就職活動を始めていく大学生にアドバイスしたいのは、今あなたが使っている就活支援サイトも使っていくことです。それが内定の確率を上げることにつながると思います。というのも、あなた方が今利用しているサイトは、恐らく利用者が集中しやすいような有名サイトではないでしょうか?利用者が多いということは、そのサイトから企業に応募する人が多くなりますよね。つまり、エントリーが増えやすいということです。エントリーが増えると、その応募先の企業の倍率はとんでもなく高くなりやすいですよね。

つまり、多くの就活生がこぞって使うようなサイトしか使っていない就活生はそれだけ高倍率の戦いを強いられているので、内定もそれだけ獲りづらいです。ただ、そういう有名サイトも利用しても良いです。それは有目サイトには掲載されている企業の数が非常に多いので、その中で自分の理想としている、希望の条件に合う企業に出会える可能性が高まりますから。だから、今利用しているサイトが知名度も高くて、利用者の数が多いと予想されるサイトの場合、それだけじゃなく別のサイトも併せて利用していきましょう。それがリスクを分散させることにつながります。

そこまで利用者が多くないサイトを同時に併用していけば、それだけ倍率が高くなりづらい企業を見つけてエントリーすることが可能ですから、内定を獲ることができる可能性を高めることにつながります。その中でもオススメしたいのは「いい就職.com」です。このサイトは新卒、第二新卒などの方が主に利用できるサイトで、単に求人の紹介だけに留まりません。そもそも、就職活動ってどうやって始めれば良いの?といった独自のセミナーや説明会の開催、利用者が内定を掴むためにあらゆる支援をしてくれます。本気で内定を掴みたいと思っているならば、他の就活生に対して差をつけたいのならば、是非参考にしてほしいと思います。

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」



関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム