トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職回数が多い、過去に何度も繰り返す人も不利じゃない!

転職を過去に何度も経験しており、再び転職をしようとする人は転職は不利なのでしょうか?確かにそういうことを言う人もいます。ただ、転職回数の多さがそのままその人の評価になるわけではないのです。過去に転職回数が多くても、それが逆に有利になることだってあります。一般的にいえば、転職を何度も何度も繰り返してきた人というのは、あまり良いイメージを持たれませんね。職を転々としているよりは、1つの職に集中しろと言ってくる人も多いと思いますし。

実際、転職回数が多いとか、そういったことは一般の人からすると印象がよくないのはその通りですけど、面接官や人事担当者は印象だけで決めているわけではありません。ちゃんと合理的な観点からそれを分析しているはずです。すると、転職を何回も繰り返すような人が、じゃあ仕事ができないとか、ちゃんと理由も加えて、そういった結論に至るのならしょうがないかもしれませんけど、そのように考える面接官や人事担当者はそうは多くはないでしょう。

昔はそういう風潮があったかもしれませんけど、今はそういった点を大して気にしていない人も多いです。よほど回数が多いとか、よほど1回あたりの在職期間が短いとかでなければ、何度も転職を繰り返すことが大してマイナスにならないと思います。また、それどころか逆に有利になることだってあるのです。何度も転職を繰り返すことが逆に有利になるというのは、一体どういうことか!?気になる人も多いと思うので、今から説明していきます。

転職回数が多いと不利になってしまう?と思う心理は、おそらく再度就職してもまたすぐに辞めてしまうのではないか?というものでしょう。過去に転職回数が多いということは、その可能性は確かに捨てきれないかもしれません。でも、強いていうのなら、懸念すべき点はそこしかないということですよね。今の面接官や人事担当者はそのデメリットは目を瞑って、メリットの方を重視している傾向があるのです。転職回数が多いということが果たしてメリットになるのか?と思う方もいるかもしれませんけど、それが探してみるとあるのです。

転職回数が多いことを最近の人事はあまり気にしていないと言います。それは転職を何度も繰り返してきた人というのも、それぞれの会社で残してきた成果や実績がちゃんとあれば、それは環境が変わってもすぐに適応して結果を残せる有能な人物である。といった評価を受けることがあるのだそうです。この評価を受けるためには、その人事がある程度頭が柔らかくて、仕事ができる人間、会社に必要な人間の定義がしっかりと持てている必要があります。

そうじゃないと、多くの人のように先入観で「転職回数が多い奴はどうせすぐ辞める使えない奴だ」と切り捨ててしまうかもしれないからです。この場合、物事のうわべしか観察せずに全てを結論づけてしまっている人事の方が使えないと論じることも可能かもしれません。要するに、会社を運営していれば、いろいろな変化に巻き込まれるのは当たり前の話なのです。そのときに上手く立ち回ることができて、かつ結果を残せる人材は会社にとっては喉から手が出るほど欲しい人材なのです。

そうなると、転職回数が多いということは不利になるどころか、むしろアピールチャンスですよね。過去の転職であなたはどういう仕事ぶりを発揮してきましたか?それなりの成果や実績があるのならば、その具体的な成果を面接で話してみましょう。そして、「私は過去にいろいろな会社に勤めてきましたが、その都度これだけの結果を残してきました。社内環境が変わっても、私は会社に貢献できる力を持っており、それは御社でも役に立つはずです!(ドヤッ)」ってな感じでアピールしていくと良いでしょう。

ですから、過去に多く転職を繰り返してきた事実を負い目に感じる必要はありません。むしろ、それがアピール材料になることもあるのですから。大切なのは繰り返した数なんかではなく、そこでどういう仕事をしてきたか?どういう貢献をしてきたか?それがちゃんとあるならば、そこを評価してくれる会社は増えてきているといいます。アピールの仕方さえちゃんと間違えなければ、一見不利に思えることでも、それが有利に働くことはあります。転職活動っていうのは、そういうちょっとしたテクニックで大きく運命を変えることもあるのです。面接官の心理を読むと、結構転職活動も上手くいくのではないでしょうか?

転職活動をされている方、これからされる方に非常にオススメしたいのが「キャリコネ」です。ここは普通の転職求人サイトとが違うのです。当然、求人を探すときにはネットのサイトやハローワークなどを利用すると思いますが、そこで調べられるのは世の中の求人のうちのほんの一部です。転職求人サイトも利用するにしても、そんな何個も掛け持ちはできませんよね。そうなると、実は自分が利用していない媒体に載っていた求人の中に、あ!これ!自分が探していた!みたいな、希望の条件にぴったりの求人があった!と言うことも珍しくないのです。ハローワークや一部の転職求人サイトしか使っていないと、要はそういう千載一遇のチャンスを逃す可能性が非常に高い。そこで、オススメなのがキャリコネになります。

ここは、なんと国内の転職求人サイト8社に載っている求人をまとめて検索対象にして、調べることができるのです。つまり、キャリコネ1サイトを利用していれば、8サイト分、つまり、通常の8倍の量の企業の求人が見られるので、当然取りこぼしというか、千載一遇のチャンスを逃す可能性は低くなりますよね。また、キャリコネはそれだけじゃないのです。ただ、検索して終わりじゃない。検索していて、自分なりに良い企業を見つけたら、その場で口コミをチェックできます。口コミというのは、その企業で働いた経験のある人による、給料、残業や休日出勤、または面接対策(面接でどんなことを聞かれたか?等)の情報を調べられるのです。つまり、お!良い企業発見!と思っても、それは上辺だけで、中身はとんでもないブラック企業だった!ということを避けやすくなる。転職で失敗する確率を減らせるとともに、口コミを見て、本当に良い企業だと思ったら受かるためにどうするべきか?という面接に生きる情報も得られます。こうした口コミは全ての企業に載っているわけではありませんけど、今後転職活動を続けていくうえで、成功するために非常に便利なサイトだと思います!


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム