トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

公務員試験の予備校は面接得意なら不必要、苦手なら必要

公務員試験に合格するには予備校に通う必要はあるでしょうか?通っている人は数え上げればキリが無いくらいにいますよね。彼らが全員合格しているか?というと、そうではありません。合格しているのはそのうちの何割かです。逆に独学で挑んでいる受験生も多くいて、彼らの中には合格している人も多くいるはずです。予備校に通う必要があるか?どうかというのは、何で決まるか?というと、ほとんど面接試験が得意か?否かというポイントだと思います。

面接試験が苦手なら通った方が良い。得意なら通わなくても大丈夫な可能性が高いです。筆記試験の方については、予備校に通った方が良い場合もありますけど、独学でも努力次第でどうにでもなると思います。筆記試験については、個人の努力の仕方や量が問題であって、予備校に通うか?どうかはそこまで関係ないような気もするのです。ただ、筆記試験でも論文については、多少事情が異なります。論文試験は勉強自体は独学でも良いんですけど、問題は論文を書く練習をするときに見てくれる人がいないということです。

友達や両親などに見てもらうという方法もありますけど、予備校に通うと論文のエキスパートの人に見てもらって、添削やアドバイスが貰えます。論文の添削は無制限というところもあり、そこはちょっと独学と予備校に通う人との差になるかもしれません。でも、添削してもらったものが全て正しいか?どうかというのは何とも言えません。一応、見る人の経験に差があるということから、客観的に見て、予備校の方が説得力はあるのかもしれないということです。論文の勉強については、予備校と独学でそういう差があるということです。

そして、本題になりますけど、面接です。面接は二次試験以降になりますけど、今は公務員試験も確実に面接重視です。面接官に見る目があるのか?という問題もありますけど、受験生がとやかく言っても、この人物重視の流れは覆せません。合格したいなら、面接に受かるしかないのです。面接に受かるためにはどうするべきか?というと、残念ながら正解はないです。何をどうすれば受かるといったものがないので、1ついえることは面接を練習を積むということです。

面接の練習は別に予備校に通わなくてもできるかもしれない。ハローワークやジョブカフェなど、面接練習を手伝ってくれるところは結構あると思うんです。ただ、そういうところは主に民間企業向けの対策になってしまうのです。つまり、公務員試験向けの対策はあまり得意じゃないってことです。つまり、練習を積むといっても、あまり質の高い練習にならない可能性があるのです。そうなると、1番公務員試験に特化した面接のノウハウを持っているのは予備校ということになるのです。

予備校は何十年も指導してきた経験があるでしょうし、それを伝える側としてはおそらくこれ以上信頼できるところもないと思います。通常の予備校では、まずは面接対策として、そもそも公務員試験の面接では何が見られているか?といった初歩の講義から始まり、具体的に面接で合格可能性を上げるポイントを解説してくれたり、指導してくれます。そして、模擬面接と呼ばれる実践練習が積まれていきます。多くの予備校では、この模擬面接も無制限で受験できるところもあります。

最近は本当に手厚いサービスを導入していて、集団面接やグループディスカッション(集団討論)にまで対策を施してくれるところも多いです。予備校で面接対策を教わるメリットとしては、模擬面接などを数多く体験できることにより、自分の面接力を上げていくことができる。ということもありますけど、何よりも素晴らしいのは長年蓄積したデータがあるということです。それは予備校独自に調べたものから、実際に面接を受けてきた受験生から集めたものまであります。その豊富な試験種ごとのデータをもとにして、いかに合格可能性を上げる指導ができるか?を日夜研究しています。予備校に通っていないと、そんな豊富なデータを集めようがありませんから、面接で合格可能性を上げるためには予備校はやはり心強い存在になってくれると思います。


分析力とデータ駆使力に長けている予備校は「資格★合格クレアール」です。ここでは、綿密に計算され、分析されたデータからいかにして受験生の面接力を上げて、合格へ導くか?といった部分が評判です。例えば、面接対策講義については、通常の予備校は模擬面接の前に「面接対策講義」と銘打って、数回の授業を受けるだけですね。ただ、クレアールの面接対策は気合の入れ方が一味違い、面接対策のための講義は全部で16回もあります!面接対策というのは、それで一括りにできるほど単純ではなく、実はかなり細かく分類して、そのテーマごとに1つずつ授業で丁寧に教えていくということが大切なのです。受験生の誰もが公務員試験の面接そのものを理解したうえで、いよいよ模擬面接に臨めるのです。また、16回の授業は1個ずつ映像でライブラリー化されているので、ちょっと早くから必要な授業だけを選んで、面接対策のために授業を視聴していくことも可能ですよ!今の公務員試験は人物重視の傾向が強いですから、面接ができないと、いくら筆記試験ができても合格は厳しいです。興味のある方は1度資料を請求してみると、よりクレアールの詳しい情報が把握できると思います。
資格★合格クレアール
科学的・合理的・経済的に資格試験の合格が目指せます!詳しい資料を無料で急送します。




関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム