トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

今はネットを中心にして、ニートであることがステータスになりつつある

最近、インターネットを中心にしてだが、ニートを名乗る人がとても増えている気がする。そういった人たちの多くには実は純粋なニートではなくて、収入も得ていたりする人が多いのだけど、ニートと名乗っていた方がインパクトもあるし、注目度もあるというのは間違いないでしょう。

ニートがそれだけネタにもされつつも、注目を浴びる存在になてっきていることは間違いないのだと思います。ニート株式会社なるものもできたことによって、メディアの報道も今後もっと増えていくと予想されているからです。今、ニートは増えているらしいです。だから、今後は社畜VSニートという対極にいる人たちの鬩ぎあいが見られるのかもしれません。

私はその中間に位置する人間だと思っていますが、できればどっちかというニート寄りの生活を送りたい。というか、ニート寄りの生活を送ることが恥ずかしいと思えないような社会になってほしいと思っています。今はまだそうはなっていないでしょう。ネットの世界はニートウェルカム!なのかもしれませんが、現実世界はニートのことをよく思っていない人たちで溢れていることだと思います。

ですから、そんな現実世界もいずれニートが席捲してしまうような世の中の誕生を望みます。「働いていることが逆に恥ずかしい」くらいの世の中になれば、社畜はどんどん淘汰されていって、終いにはブラック企業も消えてなくなるんじゃないか?と思います。働くことが当たり前ではなく、生きていくために仕方なく働かないといけない。そういった人だけが働けば良いのでしょう。これが本来の私たちの人間のあり方ではないか?と思うんです。

人間が無理して働く必要ない。生産性は十分に上がっているんだ。労働なんてロボットに任せておけば良い。もっと自由な楽しい生き方を!それを時代の最先端から実践しているのがニートだと思います。ニートはこれといって労働をする必要がないのだから昔なら貴族階級とか、有閑階級とかに位置する人たちですよ。だから、彼らは本来なら労働者よりも上に位置していて、崇められる存在であるはずです。

彼らがいつか社会のカリスマと呼ばれる日がいつかくるんじゃないか?と思います。「ニートはステータスだ!」と心置きなく叫ぶことができる日を私も待ち望んでいます。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム