トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職の面接でほぼ聞かれる逆質問で、評価される回答例

転職の面接では、自分のこれまでやってきた業務を通しての経験や能力をアピールして、いかに自分が会社に必要な人間か?をアピールしていく必要があります。面接は非常に一筋縄で行かないところに難しさがあると思いますけど、それをなんとか乗り切って、内定を手にするためには面接対策をやるしかないのですね。今回はその中で特に頻出で、採用、不採用をかなり決定付けると思われる質問の答え方、考え方について書いていきたいと思います。

転職の面接で、非常に重要な質問といえば、逆質問と言われている「最後に何か質問はありますか?」です。最終面接のケースが多いのかもしれませんけど、相手は社長だったり、役員だったりいろいろとありますね。これはどの会社を受けてもほぼ聞かれることから、非常に重要度が高いといえると思います。これをわざわざ聞いてくるのには理由があるのでしょう。それは多くの場合、その人の意欲などを見るためのものと解されますけど、じゃあどういう質問をぶつければ意欲があると、面接官に思ってもらえるのでしょうか?それをここで考えていきましょう。

意欲の見せ方というのは、いろいろとあると思いますけど、1ついえるのは、自分が会社に貢献できる存在になりたい!と本気で思っているというアピールです。これは、例えば、最後に聞きたいことはありますか?と聞かれたときに、「御社に入社するまでに身に付けておくと良いスキルや資格などはあるでしょうか?」といった質問をすると良いのではないでしょうか?これは1つの例ですけど、その人自身の入社意欲を示す1つの回答例になると思います。

この形の回答例だと、入社意欲を示すことが出来るとともに、会社に入ったら利益に貢献しようとする姿勢が見えますね。転職希望者をあえて採用するメリットとしては、そこしかないわけですよ。別の会社で働いていた人を入れて、それによって売り上げをアップさせる。会社が転職希望者を受け入れる意図はそこしかないわけです。ですから、売り上げアップのために少しでも自分の磨こうとする行動はプラスに働くと思います。

入社までにどれくらいの時間があるか?は分かりませんけど、その間にできることはたくさんあるはずです。何かの経験を積んだり、勉強をしたり、短い時間であっても、やらないよりは絶対にマシなことがあるはずです。多くの場合、こういう質問に対しては、自己都合的なことを聞いてしまいがちです。給料はいくら?残業はどれくらい?社内の雰囲気は?本来はそういう質問をしても構わないのですが、現状ではそういう質問は人事担当者にとっては嫌がられてしまう可能性があり、自ら不採用の確率を上げてしまうことにつながるので、やめておいた方が良いのです。

ここでは、人事の機嫌を損ねないように、自分が御社にとっていかに必要な存在か?またはいかに貢献できる存在か?をアピールすれば、採用の確率を上げられると思うのです。ですから、以上のような回答をすると、人事担当者の評価も上がるのではないでしょうか?こういう回答をしてしまうと、入社が決まってみたいな言い方に思われるかもしれませんけど、自分が入らないで誰が入るんだ!?くらいに自信を持って、面接官に挑んだ方が良いと思いますよ。そこに入りたいのは事実でしょうから。

自分は御社に是非入りたい!っていうか、入る気満々です!ってところをあえて見せた方がやる気や熱意も伝わるでしょう。ですから、解答例の1つとして、このような答え方をおすすめしたいと思います。転職の面接では、1つ1つの質問が非常に大切だと思いますけど、この質問は本当にどこでも聞かれる定番中の定番とも呼べる質問だと思います。また、多くの場合、1番最後に投げかけられる質問です。応募者の熱意の最終確認という意味もあるのでしょうか?最後まで自分のアピールを怠らないために、この質問ばっちり対策をしておきましょう。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム