トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

内定が決まったら文系は遊んで、理系は勉学により精進!するらしい

就活後 文系は遊び、理系は勉強 入社までの学生生活
http://news.nicovideo.jp/watch/nw824403

この記事はたった7、8行で終わってしまっているけど、一体何が言いたかったんだろう?というのが私の率直な感想です。単なる文系を皮肉っている記事にしか思えません。調査結果を発表して、だったら何だ?と全国の文系の人たちが思っているのではないでしょうか?

記事内でも触れられていますけど、理系研究が忙しいという理由と大学で学ぶことがそのまま仕事に直結するから大学の残りの生活も学業に専念というのは普通に合理的だと思いますね。

ただ、文系の場合はどの学部だったとしても、基本的には業務に直接関連のあることを学んでいるケースというのはまずないでしょう。ですから、文系の人たちが残りの大学生活を遊ぶ(単位をちゃんと取り終えられる程度で)というのもまた合理的なのだと思います。

別にこれをいちいち記事に発表する必要があるのでしょうか?単に文系をdisりたいだけじゃないのか?と。だって、どっちの過ごし方も合理的だし、これといって問題があるとも思えません。記事を読んで過ごし方が違うのは分かりました。で、何なんだ?と。

残りの学生生活を勉強にあてる理系の学生は偉くて、遊ぶ文系の学生はダメだとかそういうことを言いたいのでしょうか?記事に対するTwitterのつぶやきを見てみると、同じように文系にダメ出ししてるコメントもあったり、反論してるコメントもありました。

別に私はそれぞれの過ごし方には一定の合理性があると思いますから、どっちが良くてどっちが悪いとは思いません。一体、何を意図した記事なのか?そこだけに疑問が残りました。
 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム