トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

冬の寒い時期の就活で、靴はブーツはさすがにダメ?

冬の就活の服装等で1つ気になるのが靴ですね。当然、寒さが増してくるので、足元も冷えやすくなります。首都圏とかで就職活動をしている人の場合は、そこまで足元が冷えること無いかもしれませんけど、かなり寒い地域で就職活動を行っている場合には、寒さは極限までいくと思うので、かなりきついと思います。私はそういう地域で冬を過ごしたことがないので分かりませんけど、おそらく想像を絶する寒さだと思います。そういったときにはどうするべきか?

足元というのは、あまり寒さ対策がしづらい場所でもあると思います。したがって、対策をしようにもなかなか難しい面もあると思います。よくあるのは「ブーツを履いてはダメなのか?」という質問です。ブーツの種類や形状にもよりますけど、モノによっては寒さを幾分か凌げるものがあると思います。そういうものを履いてはダメなのか?ということでしょう。スーツにブーツというのは、一般的にはあまり似合わない印象ですね。あと、そもそも履いている人がほぼいません。

あと、ほとんどの人はスーツにブーツスタイルというのは、間違いなく反対すると思います。別にルール違反とかではないと思いますけど、やはり出る杭は打たれてしまう可能性があるので、あまり誰もやらない格好はしない方が良いのでしょう。また、ブーツはデザインにもよるのですが、どちらかというとカジュアルなアイテムじゃないか?と思うんです。スーツというフォーマルな服装、または形式ばった場には、あまりそういうカジュアルなアイテムを持ち込まないほうが無難というか、それがマナーなのかもしれません。

例えば、夏の就職活動で、暑いからサンダルで行くという学生はまずいないでしょう。サンダルはブーツ以上にスーツには似合わないアイテムだと思いますけど。それと同様に考えれば自然かもしれません。ただ、ブーツにはいろいろな種類がありますよね。膝の高さまであるものから、かなりローカットなものまで、あまり丈の短いブーツだと、それはそれで防寒性の意味がなくなってくるのかもしれませんけど、ブーツがブーツとバレない、見えづらいものもありますよね。チャッカブーツなどは、男性の場合は普通の革靴と何ら変わりありません。

見た目で分かりづらいなら履いて良いのか?と言われると、それはあまりオススメできません。というのは、私の場合はそもそも、ブーツを履くと寒さが和らぐといった印象も特にないですね。一応、首都圏で冬の就職活動を経験したことはありますけど、足元はそんなに言うほど寒くは感じませんでした。したがって、靴に関してはそれほどこだわらなくても大丈夫じゃないでしょうか?特に男性については、普通の革靴で行くのが1番だと思います。ブーツを履いても、単なる自己満足で終わりそうな気がしてしまいます。

私が面接官だったら、どうか?というと、ブーツを履いていること自体に嫌悪感は感じません。膝くらいの丈のブーツは別ですけど、そこまでいかなくらいの丈なら、あまり意識はしないと思います。私自体ブーツに興味あるし、大学生時代にはスウェードのローカットのブーツを履いていたときもありますからね。だから、私の頭の中ではある程度許容できる部分もありますけど、そうじゃない人もいるので、結局は履かない方がリスクを背負わなくて良いので、普通の靴で行かれてはどうでしょうか?

他のサイトを見ても、冬であってもブーツを履くことを勧めているところはまずありませんからね。ブーツが就職活動に向いているか?向いていないか?ということよりも、人事担当者の心理面を考えると、履かない方が身のためという結論になりそうです。靴下を二重に履くとか、別のところで工夫をして足元を温めていきましょう。北海道などの凄い寒い地域はともかくとして、首都圏などのそこまで気温が下がらない地域では、いつも履いている靴で多分大丈夫ですよ。これから気温もどんどん下がってきて大変だと思いますけど、風邪をひかないように是非頑張ってください!


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム