トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

女子学生の冬の就活はストッキングのみ?黒タイツはあり?

これからおそらく徐々に寒くなってきて、就職活動をする学生の方も服装に気を使わないといけないときがくると思います。服装については、夏はただ脱ぐか?どうかを考えれば良かったです。夏の暑い時期はスーツの上着を着るか?着ないか?くらいの悩みだったと思いますけど、冬はいろいろな防寒具があるので、それを身につけるか?どうか?そして、身に付けるならどういうものが良いのか?といった悩みが多様化しますね。

例えば、女子学生なんかは、特に悩むと思うんですけどスカートタイプのスーツを着ている人は、足元が確実に寒いです。そのまま我慢して就職活動をしている人も居るかもしれませんけど、それはさすがに耐えられない。真冬の時期に素足を晒すのは、さすがに寒すぎるという人がいるでしょう。そういう人は、何かしらの防寒グッズを使った方が良いのですが、就職活動の場ということを踏まえたうえで、どういうものなら許されるのか?というのがポイントになります。

よく質問されているのが、黒のタイツを履いてはダメなのか?ということです。これははっきりと正解はありません。世の中の風潮として、あまり推奨している人はいないというだけです。実際にそれを見た採用担当者がどう思うか?次第です。常識がなってない!とか思うのか、それとも寒いんだから仕方ないよね。と思ってくれるのか、それは採用担当者の心のうちの問題なので、ケースバイケースになってしまうと思います。だから、問題あるケースもあれば、ないケースもあるということです。リスクを負っているというのは間違いなくあると思います。

私なんかは、別に気にしないですけどね。夏に履いていたらヘンに思うでしょうけど、寒いんだからしょうがないでしょう。また、実際あまり気にしていないと回答している人事担当者の人もいますね。むしろ、みんな同じような格好でつまらないとか、言っている人もいました。確かにみんな同じような服装している中で、1人だけちょっと違う格好をしていると、浮いてしまうのは確かですが、=不利になるとは限らないということです。

ただ、先ほど言ったように、全ての人事担当者がどう思っているわけではないでしょう。ケースバイケースということをお話しましたが、ちょっと怪訝な表情を浮かべたりする人もいるかもしれない。横並び主義を是と思っている人もいるかもしれない。そういう人の前では、そういう浮いた格好をしてしまうと、不利になることは否めないかもしれないのです。問題は誰がどう考えているか?が分からないということです。だから、女子学生は困るわけですよね。

説明会とか、採用に直結しないような場ならば、黒のタイツを履いていくこともさほどリスキーな行為ではないでしょう。面接とかの選考の場だと、リスキーとはいえるとは思います。ですから、採用とは関係のない場なら履いていっても良いのではないでしょうか?逆にそうじゃない場なら、あまりに不利になってしまうことを心配する方は、履いて行かない方が心理的に不安を抱えることなく、面接等に臨めるのではないでしょうか?また、会社までは黒のタイツを履いていって、中に入ったときに、トイレ等で脱いでから面接に臨むという方法もあるかな?と思います。

それなら寒さもある程度防ぐことができて、なおかつ面接官等の人に黒タイツを着ているところを見られる心配はありません。ストッキング等で代替するのがちょっと嫌という方は、そういう方法もありかもしれません。冬の就職活動は、地域によっても違うと思いますけど、寒さ対策をきちんとしないと、風邪をひいて、それこそ何日間か無駄にしてしまうことがあるので、服装で我慢をしていくのは1番避けた方が良いでしょう。寒い中でも就職活動頑張ってください!


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム