トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

新卒大学生の就活で、内定を獲るためのとても簡単なコツ

就職活動で内定を獲るために、何をすべきでしょうか?多くの人は1つでも多くの企業を受けたり、面接の受け答えの練習をしたりということを努力と思っているかもしれませんけど、それが実を結ぶ可能性は私はそんなに高くないと思うのです。就職活動は、どちらかというと縁が重要だと思っていて、何をしたから受かるとか、受からないという努力はそんなにないとというか、できないと思うのです。就職活動で内定を獲るのが難しいというのは周知の事実だと思いますけど、どうして難しいのか?それを考えると答えは出ると思います。

昔と比べて、どうして内定が獲りづらくなったのか?それは景気の影響とかもあるのですが、もっと大きな原因があります。それは大学生の数が増えすぎたのです。選ばなければ入れる大学が増えすぎたために、学力が全然ない人、勉強全然しない人でも、どこかしらの大学に入れます。つまり、同じ新卒の大学生として就職活動をするときのライバルが増えすぎてしまったのです。学歴が就職活動においては、そこまで有利になる材料ではない以上、学歴は低くても対人関係が得意な人というののも、一定数いますよね。

そういう人は、以前なら大学生になれなかったので、全く関係なかったのですが、今は大学生になれるため、多くの就活生の脅威になってしまったのです。大学生が増えたということは、その中には就活向きの能力を備えた人もいるでしょうし、結果的に内定をより掻っ攫って行きそうな人が増えたことにより、全体として内定を獲れない人が増えてしまったのです。要は倍率が極端に上がりすぎたってことです。大学生が増えたけど、求人の数がほとんど変わらなければ、そりゃ倍率は高くなりますから。

ただ、原因はこれだけじゃない。学生の側にも原因はある。それはリクナビやマイナビしか使わない学生です。これは案外多いのではないか?と思いますけど、リクナビやマイナビはある意味必須のツールとして機能している面もありますが、この2つがあまりに有名なために、使っている学生は五万といるはずです。別に使っても良いんですよ。ただ、この2つしか使っていない学生は、それだけ内定を獲りづらいということがいえるかと思います。それはどうしてか?要は就活生のほぼ全員が使っているサイトに載っている求人は、普通に考えたらそれだけ応募やエントリーが殺到するからです。

つまり、リクナビやマイナビを使っている学生は自らを高倍率の求人へと誘っているのです。他にも別のサイトを使用していれば、そちらはそこまで高倍率ではないので、それは良いのですが、リクナビとマイナビからしかエントリーをしていないような人は、高倍率の中でしか勝負ができていないわけですから、そりゃ内定を獲るための単純な確率がまず低すぎる。だから、結果的に内定が獲れない。当たり前の構図です。結論からいうと、就活生の多くが使用していない、若干知名度が劣る就活支援サイトを利用すると良いでしょう。

利用者が少ないということは、そこから応募してくる人が少ない。つまり、倍率は上がりづらいということになり、ライバルが減るわけですから、内定の可能性も上がります。中にはそういうマイナーな求人サイトに載っていても、探せばリクナビやマイナビにも求人が出ているというケースもなくはないですが、そういうのはそんなに多々あることではないので、就職活動の拠点をリクナビやマイナビの大型サイトから、もっと知名度がやや劣る別のサイトへと移転させてみることは、内定を掴むコツとしては非常に大切だと思います。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム