トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

神奈川県早期チャレンジの自己PRシートの内容と注意点

神奈川県の早期チャレンジでは、一次試験から面接カードじゃないですけど、それに似たボリュームのある書類のようなものを書かされるみたいです。つまり、これは一次試験から使われる資料みたいで、択一試験も一次試験で実施するのですが、それをこの書類を併せて、あと論文試験もですね。この3つを併せて審査されるみたいです。ただ、噂では択一試験がボーダーに届いていないと、この自己PRシートと呼ばれる書類は読まれない可能性が高いというのです。詳しいボーダーについては「神奈川県の早期チャレンジ枠の筆記試験ボーダーがヤバイ件」の記事参照願います。

つまり、一次試験を突破するにタメには、このエントリーシートみたいな書類もちゃんと考えて書かないといけません。ただ、択一試験の結果では、読まれない十分あるということです。まあ、仮に読まれなくてもいずれ訪れる面接試験の前には必ずこういったカードを書かされることになるので、そのときの練習じゃないですけど、面接の前になれば、いずれ考えないといけないことを、この時点から考えておくというのもありではないでしょうか?

さて、この自己PRシートには一体何を書くのか?それは1・神奈川県庁の職員の志望動機、2・大学生活の中で力を入れたことを2つあげて、そのうちの1つについては成果、工夫、苦労について書いて、その経験から得られた能力について書く、3・神奈川県庁でどんな仕事をやってみたいか?そのときにあなたのどんな能力を生かしたいか?4・あなたが自由にアピールしたいことの4つです。この項目は去年までのものですから、変わる可能性もあります。大々的に変わるとは思えませんので、事前に当日書く内容を考えていきましょう。

この中だと、そんなに変わった項目はないと思います。よくあるエントリーシートの形ではないでしょうか?特別難しい項目はないと思います。自分の過去の経験等を踏まえて、いかに公務員として、神奈川県庁の職員として適格か?いかに仕事で貢献できるか?ということを考えて書いていけば良いのではないでしょうか?問題になりそうなのは志望動機くらいですかね?神奈川県民の人は良いかもしれませんけど、県外から受けにくる人も大勢いますからね。ただ、そんなに難しく考える必要はないです。

というか、神奈川県早期チャレンジの場合は、志望動機を考えるにあたっては、むしろ神奈川県民の方が不利かもしれない。それは何故か?この試験種は県外から受けに来る人が非常に多いです。特別区や東京都だって、東京都民以外の人も多く受けにきます。つまり、県外から受けに来る人の比率もかなり高いので、面接などではいちいち、「どうして地元を受けないの?」とか、あえて神奈川県の試験を受けにきたことを聞かれないと思うのです。これが県外の人間がかなり少数派なら聞かれる可能性は十分あると思いますけど。

つまり、県外の人間はそういう相対的に不利になりかねない質問を請けない可能性が高い。ということに加えて、志望動機では「地元だから」とか、「愛着があるから」とかは、なかなか使えないわけです。すると、本質的に神奈川県を志望した理由を考えないといけないので、中身の濃い志望動機ができるんじゃないのか?と思うのです。逆に神奈川県民の方は、上記で挙げた「地元だから」、「愛着があるから」というフレーズを無意識に使いがちです。個人的には、こういうフレーズはあまり好ましくないと思うのです。というのは、志望理由になっているのか?という問題です。

詳しくは「地元の県庁、市役所の志望動機で「愛着」を据えるのはNG?」の記事でも述べたので、それを見てほしいんですけど、愛着があるとか、地元だからというのは、県外の人と差別化を測ったものだと思います。神奈川県民以外の人は、なかなかこのフレーズ使えないですから。でも、じゃあ地元出身だったり、愛着があると、それがない人間と比べてどう違うのか?何か仕事上で有利になることがあるのか?など、その実質が見えてこないのです。愛着なんてものは、県外の人間だって、実際に働き出したら毎日通うことになるのですから、彼らに愛着が芽生えるのも時間の問題でしょう。結局、差別化になっていないと思うのです。

志望理由は他の県じゃなくて、神奈川県を志望する理由なわけですから、逆のことを考えると神奈川県民が埼玉県庁を受けて合格して、毎日働きに埼玉県に通えば、自然と愛着って沸くものじゃないですか?そうなると、別に今、神奈川県にしか愛着がないとしても、他の県に通えば、そこでも愛着が出てくる。要は、愛着なんてものは地元以外でも、他の県でも条件が揃えば、勝手に芽生えてくるものじゃないか?と思い、それは神奈川県じゃないとダメな理由にはならないのです。そういった理由で、神奈川県出身の人の方が安易に志望動機を考えがちになるかもしれないので、むしろ不利なのでは?と思ったのです。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム