トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

公務員試験の教養論文は文字数多くしても評価は一緒

公務員試験では教養論文が課されると思います。特別区、東京都、地方上級、国家一般職、市役所試験などが代表例でしょうか?多くの場合は文字数が決まっているでしょう。文字数が決まっていない場合もあるようですが。ただ、文字数が決まっていない場合は、どれくらい書けば良いのか?というのは迷っている方もいるかもしれません。例えば1000~1500文字と指定された場合、さて何文字くらい書けば良いでしょうか?私の感覚ですと、別に何文字でも構わないと思います。

識者とかは1400くらい書こうと言ってくる人もいますけど、どういう理由なんでしょうか?1000~1500字と言われていて、1000字と1500字では内容が全く同じでも、評価に差が出るということでしょうか?私にはよく分かりません。内容が同じなのに、文章が長い方が評価が高いというのはどうも納得いきません。文章の長さとか、文字数の多さというのが、評価項目に入っているのでしょうか?それも信じられませんけど。

予備校で論文を添削してもらうときに、文字数の長さが評価ポイントになるなんて項目はないと思います。ほぼ内容のみでしか審査されていないはずです。すると、内容以外の部分で頑張る意味が分かりません。これが1000字に届きそうに無い場合や1500字を越えてしまいそうな場合は文字数を調節する必要はありますけど、そうじゃないのなら、あえて文字数を調節する必要はないでしょう。たくさん書いた方が評価してもらえそうだから、もっと書いておこうと思って、別に必要もないような文章を付け足しても意味があるのでしょうか?

普通に考えたら、内容が同じなら、短くまとめてある方が優秀な答案といえると思います。ムダに長く書いて評価してもらえるって、感覚が私にはよく理解できません。たくさん文字数を書けば、それだたくさんの文字を書いたというのは事実ですが、そんなところに努力賞があるのでしょうか?内容以外の部分を審査対象にもししているような試験種があったら、それこそお目にかかりたいです。おかしいんじゃないか?と思いますけどね。

実際はどうやって採点されているのか?はちょっと分かりませんけど、私が採点する立場なら、規定文字数の範囲なら、何文字でも評価は変えません。内容勝負でしょう。その内容というのも、論文の場合は正解がいくつもあるし、そのいくつかある正解ごとに、じゃあ何点をつけるか?というのは、かなり採点者のさじ加減に依存してしまう部分です。そういう意味では、本当に公平な採点になっているのか?というと、客観的にはなっていないですよね。

皆さんはどうお考えでしょうかね?論文を書くときに文字数が多い方が点数高そうですか?私は全く思えないし、そのように評価する意味も分からない。だから、私は必要な文章なら追加したりすべきえしょうけど、ただ文字数を増やすだけに追加する文章ならやめといた方が良い。文字数を増やした方が評価が高いなんて幻想は捨てるべきだと思います。文字数が多い方が頑張ったみたいに見えるのは確かで、精神論が職場で蔓延しているケースもあるみたいなので、そういうおかしな評価をしない採点者がいないとは思いませんけど、普通はそんなところを評価すべきではない気がします。論文で文字数は多い方が良いのか?そうじゃないのか?については各自が考えてみましょう。


大切なのは論文の中身ですが、それを極めるためにおすすめしたいのが本書です。公務員試験の論文全般で使える参考書です。よく出るテーマが20ほど載っており、実際に過去に出題された論文テーマとそれに対する解答例が1個ずつ載っています。本書の特徴としては、解答例を載せるだけに留まらず、論文の問いを分析し、まずこれは何を聞いているのか?何を書けば、問いに解答したことになるか?から始まり、実際の解答例では、絶対に書かなければならない事柄のポイントを整理し、何故それらを書かなければならないのか?と、とにかく理由付けして、読者が納得しやすい構成になっていると思います。

関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム