トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

新卒で仕事辞めたい、再就職したいなら今は凄いチャンス!

新卒で入社してまだ間もない時期から、すでに会社辞めたいと思っている人もいるかもしれません。新卒で入って、まだ数年以内なら、第二新卒として就職活動ができる場合があります。第二新卒は、転職する場合と違って、そこまで高度なスキルや経験を要求されないと思います。ですから、どちらかというと、多少の就業経験と若さというのが武器になるので、まだ入社して3年くらいまでであれば、第二新卒として再就職活動をした方が良いと思うのです。

今は新卒で入社しても、すぐに辞めたくなる人、実際に辞めている人はそれなりにいますよね。入社する前とした後で、やっぱり違うわけですよ。思っていたのと違う。これはほぼ面接のみでお互いが理解した気になってしまっている就職活動の弊害ともいえる面だと思いますけど、ある意味、入社してすぐに辞めたくなる人が出てもしょうがないような就活システムになってしまっていると思うのです。同じように考えている人は案外少なくないです。結果的に我慢して働き続ける人もいますが、それが結果的に良かったのか?は現在はなんとも言えませんね。

ですから、新卒で入社後に辞めて、また別の会社に入社するというのも、そこまで珍しくないですから、恥ずかしいとかは思う必要はないと思うのです。今は既卒の人もそうですけど、第二新卒で就活を始める人は多くいますし、専用のサイトも多く支援してくれています。むしろ、新卒の就職活動支援サイト、リクナビやマイナビが代表的ですね。こういったサイトよりも大分力になってくれるサイトが多くあるので、それらを利用すると上手くいく可能性が高いと思います。

新卒の就活生が利用しているリクナビやマイナビはほとんど求人の紹介がメインで、新卒の場合はただそこからエントリーするくらいしかできませんでしたが、第二新卒用のサイトなどは、求人の紹介だけには留まりません。多くの場合、基本的には専門のコンサルタントが1人ついてくれて、マンツーマンで相談に乗ってくれたり、長年の経験からアドバイス等をしてくれます。かなり心強い見方が手に入るというメリットがあるのです。

実際、そういういわゆるエージェントサイトは成功報酬として、正社員1人につきいくらという形で、企業側からお金を貰えますから、内定者を増やした方がそういうエージェントサイトが儲かるのです。すると、当然力を入れて熱心に、内定を手に出来るように面倒を見てくれるという仕組みが上手く機能するのです。求職者にとっても、エージェントサイトの社員にとっても、利益が一致しているので、そりゃやる気になってくれて、成功する確率が上がると思うのです。

新卒で使っていたリクナビやマイナビとは全然違う対応をしてくれます。新卒人口と比べると、そこまで第二新卒人口が多くない。というか、新卒神話がこれだけ普及したせいで、みんな新卒以外では就職がきついと思い込んでいるために、新卒人口が増える一方で、既卒とか第二新卒はどんどん相対的に減ってきています。ですから、そういった専用の枠で募集している求人については、新卒は応募できないわけですから、倍率は下がってきていて、就職するチャンスともいえます。

また、人数が減っているということは、それだけ1人1人に細かく面倒を見ている余裕があるということの表れにもなります。そういった意味で、今はチャンスなのです!新卒で入社してすぐに辞めてしまうことはマイナスと捉えている人が多いかもしれませんけど、ハズレくじを引いてしまったと自分が感じているならば、早く次のくじを引いたほうが良い場合もあります。ここで働いていても、おそらく良い人生は送れないだろうと、薄々感じているようならば、思い切って退職して再就職を目指すというのは、全然ありだと私は思いますよ!


例えば、第二新卒用の就職活動を支援している「ハタラクティブ」では、無料のカウンセリング登録をすると、非常に細かな面倒を見てくれます。本当に初歩の初歩から、例えば履歴書やエントリーシートの書き方、非公開求人を合わせた求人の紹介、本番を意識した模擬面接での指導、そして直接受ける企業と連絡をとってくれて、都合がつかないときには面接日を調整してくれたり、内定が決まったときには入社日の調整など、アフターフォローも万全です!新卒で入社したけど、辞めたいと思っている方がいれば、良かったら利用してみてくださいね。
第二新卒の就職なら!【ハタラクティブ】
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム