トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

所得再分配の中で、「生活保護」だけ叩く都合の良い人たち

所得再分配政策という、いろいろなものがあるでしょうね。代表的なものだと累進課税制度、生活保護、児童手当、各種社会保険制度などなど。ざっと思い浮かべるだけでもこれだけあると思います。しかし、この中でいうと、生活保護制度については相当煙たがられている存在だと思います。また、児童手当制度も、いろいろな名称変更や制度変更を繰り返しながら、存続していますが、なかなか納得してない人もいるのかな?ということです。

生活保護については、バッシングが凄いのは顕著で、それはどうしてか?というと、大きな理由としては限られた一部の人しか貰ってないからです。児童手当も同じようなものですが、こちらは使途が確実限定されているので、生活保護ほどのバッシングは受けていません。何故生活保護はここまでバッシングを受けなければならないのか?それは勝手なイメージを持っている人が多いのでしょうかね?怠惰で働きもせずにパチンコ三昧な人を想像する人が多いのでしょう。

怠惰はともかく、働かない人はしょうがないケースもあるので何とも言えませんし、パチンコに関しては他にも娯楽にお金を使っている人は山ほどいるので、パチンコだけが叩かれる謂れはない。むしろ、私はパチンコが叩く人は合理性のことを何も考えていないだろうということを以前、「生活保護費の使途として、パチンコを許容した方が絶対に良い考える理由」の記事で説明しました。パチンコは終始報告義務さえ徹底させられれば、生活保護制度も含めて、自治体運営に貢献してくれる趣味や娯楽でしょう。

私は今日、あるサイトで「生活保護の人たちはもうちょっと申し訳なさそうに生きてくれよ」という記述を見て、ちょっとカチンときました。どうして生活保護の人は申し訳なさそうに生きなければならないのでしょうか?しかも「生活保護だけ」というのが特に納得いかないのです。例えば、生活保護を叩く連中の中には、いわゆるワーキングプアの人たちがいると思います。年収に換算すると100万円、200万円台の人たちです。生活保護の人たちに対してそのように言うのなら、じゃあ彼らも申し訳なさそうに生きるべきじゃないか?と思います。

生活保護がここまでバッシングを受ける理由として、先ほど一部の人間しか貰っていないから。ということを説明しました。生活保護が毎月全世帯に支給されていれば、間違いなくここまでのバッシングはありえないと思うのです。要は公平性がないってことでしょう。「働くのがバカみたい」という罵る言葉出てくるのも、おそらく公平性を逸しているというところからくるものだと思います。公平性を逸しているのは、生活保護だけじゃないでしょう?先ほど挙げた累進課税制度は公平ですか?

累進課税制度は下は5%、上は40~45%くらいの所得税率に開きがあります。つまり、ワーキングプアの人たちとセレブの人たちでは納税額どころか、納税する割合も全然違うのです。本来は同じ金額、または同じ税率で税金を負担するというのが、見た目的には1番公平でしょう。しかし、これだけ税率に差があるということは、見方を変えると低所得者の分まで高所得者が税金を余計に払ってくれているということになります。生活保護でよく言われる「他人様の好き勝手に使いや(ry」という言葉も、同じことを高所得者に言われてもしょうがないんですよ?

年収150万円くらいの人は、本来公平に負担すべき金額を負担せずに済んでいるのです。それは高所得者が代わりに負担してくれているから。そんなシステムにしているのは、平等に税額や税率を決めてしまうと、ある程度下のものに合わせないと、低所得者は税額を払えなくなる。でも、それだと国を運営していくだけの税金が集まらない。だから、所得によって分けよう。能力別に払うべき金額を変えていこう。というシステムになっているのだと思います。

だから、高所得者が肩代わりしてくれている分は高所得者から低所得者への所得の再分配であり、本来払っていた税額が還付されているに等しいのです。つまり、低所得者が毎月受け取っている給料のうちのいくらかは、高所得者が代わりに税金を納めてくれていることから発生する「他人様のお金」であり、生活保護でパチンコするな!とか言うのなら、じゃあ、あなたたちのその金額分も使途を限定すべきだろ。となります。

どうして生活保護ばかり注目されて、累進課税制度に注目してもらえないのか?それは累進課税制度によって恩恵を受けている人が多いからです。以前「生活保護はパチンコ禁止で、年金は使途自由という主張の矛盾」の記事で生活保護と年金の比較をしました。生活保護でパチンコに禁止とか言うのなら、年金もそうするべきでは?と思いますが、そういう話が出ないのは、やはり年金の方が圧倒的に将来お世話になる可能性が高いからです。生活保護を利用している、または今後利用する可能性のある人と比べると、かなり膨大な数になるでしょうね。

累進課税制度も年金も結局、生活保護と違って、自分たちにかかわりあいが大きいから、そこから生まれる恩恵は自由に使いたいと思いが強いと思いますけど、生活保護の人だけ申し訳なさそうに生きろ。という主張は全くもって意味不明です。こういうことを言う人は、自分の都合しか考えてないんだな。とうせ、自分の都合の悪いときにはそういうことを言わないんだな。と思います。所得再分配政策の中で、生活保護だけ猛烈に叩く人は、そういう都合の良いことだけ人間なんだと個人的には思っています。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム