トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

公務員試験で、「なぜ市役所なのか?」という志望動機の作り方

市役所試験で面接を受ける際には、かなりいろいろなことを聞かれるでしょう。その中で、特に用意しておきたいというか、準備しておきたい質問項目というのが、「なぜ県庁じゃなくて、市役所なのか?」というものです。県庁を受けると、逆のパターンもあると思います。特別区を受けるときに、どうして東京都庁じゃないのか?みたいなことを聞かれるのと同じだと思います。県庁と市役所の仕事の違いをちゃんと認識できているか?という意図があるかもしれません。

実際、県庁と市役所では仕事が違うというか、行政組織としての役割も違うと思います。要は事前にちゃんと仕事の違いを認識して受けているか?を確認する目的もあると思うのです。そうしないと、勘違いをされて働き始められて、すぐに辞められても困ると思いますから。だから、あえてこういう質問をされる可能性があるということです。じゃあ、市役所と県庁の違いって何か?って言ったら、いろいろとありますよね。それを答えれば良いと思うんですよね。

これは市役所と県庁の違いを聞いているとともに、市役所で働きたい理由を聞いているわけですから、志望動機に近い見方もできると思います。自分自身の思っていることを話せば、ちゃんとした回答にはなると思いますよ。市役所の職員と県庁で働く職員の仕事の違いを踏まえて、何故市役所を志望したのか?面接官を納得させられる回答を考えていきましょう。じゃあ、実際にこの2つの仕事の違いは何でしょうか?

1つ言えることは、誰のために仕事をするか?ということです。市役所は、近隣住民に対して直接何かサービスを提供したり、声を聞いたりすることが多いのではないか?と思います。しかし、県庁はどちらかというと、市民ではなくて市役所職員に対して、指示を出したり、命令を出したりする仕事です。対する相手が市民か?それとも市役所の人間か?というのは大きく異なりますよね。

市役所職員というのは住民サービスを特徴とした仕事に対して、県庁は県庁と市役所との行政機関の関係を特徴とした仕事になると思います。コンビニがあるとすれば、本社でいろいろな企画、商品の考案などを行ったり、営業活動を行ったりするのが県庁の仕事で、各コンビニに配属された店長やそこで働くアルバイトなどが市役所の仕事になるのかな?と思います。大きく分けると、こういう違いがそれぞれにあるのではないか?と思うのです。

ですから、どちらも必要な仕事には違いありません。それぞれの特徴を理解して、自分の人柄とか、性格とか、後は公務員になったらやってみたいこととかとリンクさせて考えてみると、良いのではないでしょうか?自分がやりたいのは行政機関としての組織作りなのか、住民サービスなのか?今回は一応市役所の面接対策なので、当然後者を入れてほしいなと思いますけど。後者の方がこれまでの経験とかを生かしやすいと思いますよ。アルバイト経験とかがあれば、接客業がメインじゃない仕事でも、何らかのお客様とのかかわりあいはあったと思います。そういう経験を組み込めれば良いんじゃないか?と思います。


以上のようなことも踏まえて、公務員試験の面接対策では、志望動機や自己PRなどの質問を通して自分の思いや熱意を面接官に伝えていく作業が必要になります。これはなかなか難しいですよね。相手にどう伝わったのか?というのは、こちらからはなかなか確認ができませんから。本書を参考にすると、面接官の心に訴えかけることができるような、志望動機や自己PR等の表現の仕方とか、話し方とか、そういう細かいテクニックの部分についても学べて、充実した面接対策ができるのではないでしょうか?

関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム