トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

公務員試験の模試は難易度が高いから、結果は気にしないで

公務員試験の模試を受けられる方もいると思うのですが、模試は1度でも受験されるとお分かりいただけると思いますけど、予備校で作られる模試は非常に難易度が高いです。問題がやや難しく作られているので、できない人も多いのです。したがって、あまり出来がよくなくても、気にしないことです。結果はあまりあてにならないというか、そこまで気にするものではないと思うのです。いつから模試を受ければ良いのか?というと、年明けからで構わないと思います。

それより前に実施される模試もあるみたいですけど、その時期に受けてもまだ勉強がそこまで進んでいない方も多いと思うので、その程度あてになるか?は分かりません。やはり、ある程度勉強がちゃんと進んでいて、本番に受けるときの実力と同じくらいの力になったと思われるときに受けた方が良いと思うのです。それはいつか?というと、できるだけ本番に近い日に受けるということになります。多くの方は年明けから順々に受けていくと思うので、それに合わせて受ければ良いでしょう。

予備校に通っている人は、予備校から案内がくると思うので、それに沿って申し込みをすれば良いです。公務員試験の模試については予備校に通っている人は基本的に受けることになるでしょう。でも、予備校に通っていない人はどうするか?というと、基本的には受ける場合には申し込みをする必要があります。ここで問題なのは、じゃあそういう人はいちいち模試を受ける必要があるか?ということです。

模試は何のために受けるか?というと、自分の実力の確認とそれによって、今後の勉強の方針などを決めるためだと思います。ただ、先ほども言ったように予備校の模試はやや難しく作られているので、思った以上にあまり結果が出ない可能性も多々あります。ここで1つ問題なのは、結果を気にしすぎて、やる気を失ってしまうパターンです。これは模試を受ける際の1番の弊害ともいえるでしょう。せっかく一生懸命勉強してきたのに、ここで挫折してはいけません。

模試でダメで本番は良いというケースは実はよくあると思います。それくらいに模試と本番の問題の難易度には乖離があるということです。ですから、模試を受験される方は、そこを是非知っておいてください。例えば、TACで実施されるチャレンジ模試なんかは、名前からして簡単なのかな?と思っていて受験したら、意外に難しい・・・。ということを感じている人も多いみたいです。多分、受験生を油断させないために、あえて難しく作っているのかもしれません。

そこで危機感を持った人は一生懸命勉強していけると思うので、それで良いと思います。ただ、ここでショックを受けて、やる気やモチベーションを失ってしまうと、これは大変です。だから、一概に難易度を高くすることが良いのか?というのもありますけど、模試を受験するときにはある程度難易度が高い問題を受験させられるということを知っておいてほしいのです。そうすれば、もし出来がよくなくても、問題が多少難しいのだから、しょうがない。となるでしょう。

模試を受けないという人がいても、それは別に構わないと思います。模試は絶対に受けるべきとは思いません。ただ、受験をされる場合には、以上のようなことを是非知っておいてください。だから、結果が良ければそれは喜んで良いでしょう。でも、結果があまりよくなくても、そういう人はたくさんいる。ということですから、あまりショックを受ける必要はないと思います。あと、何回くらい受ければ良いのか?ということについては、回数は各自の自由で良いと思いますよ。受験予定の試験種の個数分くらいは受けても良いかな?と思います。ただ、模試は半日くらいそれだけで潰れるので、勉強する時間がちょっと少なくなるリスクもありますから、そのことを考えておいてください。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム