トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就活で内定辞退の理由は正直に話して構わない

就職活動をしていて内定辞退をしないといけないときがくると思います。ただ、内定辞退は基本的には学生側の自由です。特にこれといって理由が必要なわけではありません。というか、内定辞退をする理由ってほとんど決まっているでしょうから、わざわざ伝えないといけないものではないと思いますけどね。他のもっと良い企業から内定が出たから内定辞退をするケースが多いと思うので、それで構わないと思います。それが普通でしょう。

ただ、今は内定辞退をするのためらうだけの事情があります。それは内定辞退を告げると、人事担当者が怒り出す。怒鳴り散らす。豹変するというもので、そういうニュースが話題になっているほどです。ですから、多くの就活生にとっては、そういう辞退に遭遇したくないから、どうにかして柔らかく伝える、ことを大きくしないような伝え方は無いか?と模索するのかもしれません。本来は学生側にそんなことまでさせるのはおかしいのですが、そういう人事も世の中にはいるので、傷つきたくない人はそこまでしてしまうのでしょう。

ただ、こればっかりはどうしようもないですよ。怒る人事は何を言っても怒ります。ですから、理由についてどのように話せば、相手は納得するか?とか考えても、私はあまり意味ないと思うのです。普通の企業であれば、内定辞退を織り込んで採用するので、内定辞退を伝えても、何の揉め事もなく終わるはずです。でも、そうじゃない企業は内定辞退を伝えただけで、理由に限らず怒ってきます。ですから、相手を怒らせないようにとか考えても、あまり意味はないと思うのです。

したがって、これは正直で良いと思いますよ。正直に話して、相手がまともな企業なら、何のしがらみ生まれずに無事に終わるでしょう。相手がおかしな企業なら、正直に話そうが、嘘をつこうが結局説教してくるに違いないと思うので。ですから、内定辞退についてあれこれ悩むだけムダというか、明らかにおかしな企業を相手にあなたたちが悩む必要はありません。正直に話して相手が怒り出したら、うわ!出やがった!と思って、その時点で電話を切って構わないと思います。それ以降は単なる憂さ晴らしが続くだけだと思いますし、あなたが傷つくだけです。できればメールじゃなくて、電話の方が良いでしょうね。

内定辞退は、別におかしいことではありません。どの企業に勤めるか?は一生を左右することなので、より慎重に選ぶべきでしょう。先述した通り、人事担当者が怒ってくる可能性もわずかながらありますけど、それを恐れていたら、この先社会人としてやっていけるのでしょうか?内定辞退はもう1度言いますけど、正当な行為です。従って、遠慮する必要なく、正直な気持ちというか、理由を担当者に話してみましょう。

中には脅しをかけてくる可能性もないことはないです。よくあるのは「2度とお前の大学から採用しない!」といった言葉です。これについては、内定辞退をする本人が責任を感じてしまうかもしれませんけど、そんなことを感じる必要はありません。あなたは何も悪くないです。そんなことを言ってくる方が悪い。というか、普通に考えたら内定辞退をしようとして、こんな脅し文句を言い放つ人間がいる会社を避けることができて、後輩も良かったんじゃないでしょうか?そんなところで採用されたら、逆に可哀想です。

そういう就活生の弱みに付け込んで、憂さ晴らしや脅しをしてくる人事はどこかにいると思います。そういうときでも、基本的には内定辞退を撤回する必要はないです。正直な理由を話して、これ向こうが怒ってやばそう・・・。と思ったら、その時点で電話を切りましょう。伝えるべきことは全て伝えたのですから、基本的に問題ありません。これが原因でトラウマにでもなって、働くのが億劫になってしまうのが1番困りますからね。内定辞退をするだけでも、こんなにいろいろな問題が出てくるって、本当に大変な社会だな。ということを実感させられます。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム