トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

市役所C日程のボーダーは低いけど、論文次第な部分もある

市役所C日程がいよいよ始まるって感じでしょうか?まだ少し時間はありますけど。市役所C日程は結構多くの自治体で試験が行われるため、受験者も非常に多いと思います。そんな市役所C日程はだいたいが教養試験のみだと思います。専門試験があるところもありますけど、専門試験が課されてもボーダーに大した変化はないと思います。市役所試験はとにかく筆記試験は割と簡単ですから、それほど問題にはならないでしょう。

筆記試験のボーダーラインはだいたい半分くらいじゃないですかね?自治体によって微妙に異なるとは思いますけど。筆記試験ではそれほど絞らない自治体が多いと思いますし。多くの場合、市役所試験では二次試験以降の人物試験に多くを残して、徹底的に観察して最終合格者を決めようとするので、筆記試験では多くが通過できるように合格ラインは割と低めに設定されているのです。それがだいたい5割くらいかな?と思います。

おそらく専門試験が課されても、そこまでは変わらないとは思います。5割5分くらいあればかなり一次試験は大丈夫なのではないでしょうか?市役所試験は教養論文もあるので、択一試験だけできても一次試験が通過しない場合があります。この論文の配点は分かりません。択一試験と比較してどれくらいの配点があるのか?については公表されていないですし、各自治体によっても異なるのではないか?と思います。したがって、択一試験のボーダーも教養論文の出来次第というところはあります。

論文については、確かに具体的な点数というのは自分でも分かりづらいです。自己採点も一切できませんし。択一試験の方は問題用紙は回収されてしまうでしょうけど、問題の中身を覚えている人たちが2ちゃんねるに集まって、よく採点してますから、ある程度の自己採点は可能だと思います。しかし、論文は全く分かりません。したがって、ボーダーと思われるラインを越えていても、一次試験通過できないことはありえます。

このボーダーというのも、論文が普通くらいの出来だったらの話だと思ってください。実際に書いた論文がどれくらいの評価を受けているのか?は誰にも分かりません。ですから、多くの人にとっては教養論文の出来がかなり左右するかもしれないのです。特別区みたいに択一試験の出来を完全に帳消しにしてしまうような配点の高さがあるとは思いませんけど、それなりに論文の配点はあると思った方が良いでしょう。1:1くらいはあるのかな?

とはいっても、珍しいテーマとかが出るわけでもないので、きちんと対策をしていればまず大丈夫でしょう。択一試験に関してもちゃんと勉強をしていれば、ボーダーの点数は越えられるはずです。結果、一次試験合格するか?は分かりませんけど。数的処理が苦手な人が多いかと思うのですが、ボーダーが5割ちょっとで良いとなると、そんなにできなくて大した問題にはなりません。本当に苦手なら全部捨てても、他でちゃんと点数がとれれば大丈夫なこともあると思います。

とにかく市役所C日程は一次試験を超えることはさほど問題ではなく、問題なのは二次試験以降です。面接が1回で終わるところはまずなく、2回、3回くらいはあるのではないでしょうか?おまけに一次試験の倍率は低いですけど、二次試験以降の倍率は結構高いと思われるので、二次試験以降がようやく本当の勝負と思った方が良いでしょう。市役所試験の面接対策はしっかりと少し早めに取り掛かった方が良いかもしれません。


市役所C日程をこれから受験される方、すでに受けた方は早く面接対策に取り掛かった方が良いでしょう。そのときにおすすめできる面接対策本です。当然、面接で聞かれる志望動機や自己PRなどをどのように練るか?ある程度構想は決まっているけど、具体的な言葉選びや面接官に訴えかけられる伝え方などはなかなか分からない方が多いかと思います。そういうテクニックの部分について、詳しく学べる一冊だと思います。市役所試験の面接対策では是非おすすめ!

関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム