トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

アルバイトのWEB応募で、返事や返信の連絡がこない理由

アルバイトをWEBのサイトから応募するとき、連絡がこない可能性というのが大いにあります。それは実体験として感じている人が多くいるようなのです。今は大変便利な時代で、WEBサイトに多くの求人が載っており、あらかじめ会員登録をしておけば、クリック1つで応募完了という手軽さが売りですね。そういうサイトを利用している人も多いでしょう。私も以前使用したことがあります。ただ、そういうサイトって、応募は簡単にできるけど、それが本当に向こうに届いているのか?分かりませんよね。

普通に考えたら届いていないということはないでしょうけど、向こうがちゃんと見ているか?どうかはこちらからは確認できません。そうなると、そりゃ連絡がこないケースがあってもしょうがないかもしれないのです。例えば、電話で応募をすると、確実に相手に伝わりますよね。私の経験では、WEBから応募すると、自動返信でメールが着て、再度電話してくれ。みたいなことを言ってくる場合もあります。これは2度手間ですけど、確実に応募したことが向こうに伝わります。

普通に考えて、応募したのに電話などの連絡がこない。というのはありえないですよね。考えられる理由は2つあると思います。1つはすでに述べたように、応募したことを向こうが気付いていないということです。これはどういうことか?というと、WEBに求人を出したことを忘れている。じゃあ、何のために求人出しているんだ?という話ですけど。求人を出すのにもお金はかかっているでしょうからね。そんな無駄なことはするとは、通常では考えられません。

あと、ありえるのは応募は認識しているけど、あえて連絡をよこさないパターンです。要は応募時に分かる年齢や性別を見て、その時点で不採用が決まっている。というか、採る気がない場合に、面倒だからサイレントお祈りに近いような状態で、選考を受ける前にすでに不合格を突きつけてくる。という可能性があると思います。こういうフィルターやスクリーニングみたいなことはWEB応募の場合、やろうと思えばできるはずなんです。

要はWEBサイトから求人に応募をする場合って、基本的に事前にある程度の個人情報を入力していると思います。多くの人が会員登録などをするときに名前、年齢、職業、職歴、その他いろいろなことを入力していて、それが応募するときに一緒に送信されていると思われます。ですから、応募がきたお店側としても応募してきた人のだいたいのデータは分かりますよね。すると、女性のみ募集していた場合に男性が応募してきたら当然はねられるでしょう。

そういう知らないところでスクリーニングみたいなのが行われている可能性があります。年齢、性別、職歴などはかなり雇う側としても重要視している部分であり、お店によっては対象外の人はその時点で無視しているケースもあると思うのです。応募しても連絡が来ないケースというのは、実はこういうところに真相があったのでは?と思います。そうなると、どうしようもないですよね。最初から採る気がないとしたら、面接をしたって無駄でしょうし、無駄な時間を過ごす必要がない分、マシといえるかもしれません。

WEBから応募すると、実際に面接をする前にある程度の情報が向こうに行き渡るために、一種の選考がすでに行われていて、その時点で不採用が決まった場合に連絡がこないということかもしれません。どうせ採用されないなら面接に行く手間や交通費がかからずに済んだと方が思った方が良いかもしれません。今まで述べたことは一応推測に過ぎませんけど、アルバイト求人をWEB応募から済ませると、こういうリスクは常にあると思いますから、それを知ったうえで利用しましょう。アルバイトに応募してくる人もお店によってはとても膨大になると思いますから、少しでも面接をやる前にフィルターを通しておくということが行われていたなら、それはとても有効な策なんでしょう。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム