トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

内定者研修を欠席したい、出たくないならそれでOK

内定が出た後も入社まで企業とのかかわりが一切なしということは少ないでしょう。いわゆる「内定者フォロー」という形で、内定を出した後も内定者にいろいろな配慮をして、社会人としての自覚を持ってもらう。または内定辞退をさせないで、自社に確実に入社させるという取り組みはいろいろな形で行われています。その1番有名な例は内定式であり、内定式自体は疑問に思う人が少ないかと思いますけど、あれだって、結局は内定者フォローの一環です。内定辞退をさせないための策略です。

そして、それが行われた後には内定者研修という名の、第二の内定辞退をさせないてめの作戦を行います。中にはしつこいくらいに頻繁にこの研修を実施する企業もあるみたいで、そういうところはそれだけ学生の自由な就職活動を妨害するというか、別の企業に新たに内定を貰うチャンスをそれだけ潰していると見ることもできます。研修を多く実施した方が、内定者が以降就職活動をする日が潰れますから、それだけ他者にとられなくて済むのです。

また、学生の立場からすればせっかく内定を貰えた会社なのに、研修を休んだくらいで下手すれば内定取り消しに遭ったりしたら大変だ!という気持ちがあるでしょう。それ以降に就職活動を続けても、別の会社から内定が貰えるとは限りませんし。本当に内定が獲りづらいこのご時勢なら尚更です。ですから、学生の弱い立場を慮ると、いくら強制じゃない研修であっても、出ないとまずいよね・・・。という意識があると思います。

ですから、特に特別な用事でもなければ、参加しないといけないと思い込んでいる、または思い込まされている実情があるのです。実際問題として、研修を1回休んだだけで、別に問題があるとは思えません。研修は当然入社後にも行われますし、全員が出ないといけないような研修ならば、少なくとも全員が出られるように休日に行うとかすべきでしょうし。逆にそういう配慮がされていないのなら、休む理由、出たくないと思えてしまう理由はいくらでもあります。大学の授業とか、ゼミとかがある平日にどうしてそれを犠牲にしないといけないのか?卒業がかかっているというのに。

研修に関しては出たいのであれば、別にとめる理由はありませんけど、もし出たくない気持ちがあるならば、企業から強制の明示がないのであれば、基本的には何か理由をつけて休むというのもありだと思います。基本的にこの類の研修は内定者のフォローアップよりは、企業側の都合によって行われている可能性があるので、学生にとって出るメリットがほとんどない場合もあると思うのです。

出ないとマズイっぽい雰囲気があるのは確かでしょうし、そう感じている人が多いかもしれません。でも、基本的に研修を休むくらいで問題が出ることは通常はありません。それで問題が出るような企業、または内定取り消しを突きつけてくるような、ちょっと異常とも思えるような企業というのは、個人的にはそのまま入社するのもマズイのでは?と思うほどです。そういう企業は、おそらく入社した後も企業側の都合を優先させて、労働者を顧みない可能性がありますから。

内定者研修のやり方次第で、その企業の労働者に対する配慮とか、扱い方が掴める場合もあります。例えば、数年前に話題になった「くら寿司」では、泊まりがけの内定者研修が行われ、その結果辞退者が続出したという話があります。これは表向きは学生による内定辞退ですけど、その真実は企業側の内定取り消しに等しいと言われています。学生に対しいて、強制的に内定辞退届けを書かされた。ということを辞退した学生が証言しているので、真実は外部からは分かりませんけど、そういうトラブルに発展してしまうこともあるのです。

参加する学生は、そういう内定者研修が企画されている可能性もあるので、心してかかるようにしましょう。そして、出たくない人、行きたくない人は出なくても基本的には構わないとは思いますけど、一応それっぽいことを理由に欠席しましょう。メールや電話で連絡は絶対にしておきましょう。入社前から企業の言いなりというか、企業の都合に振り回されていたら、それこそ社畜ロードまっしぐらですよ。少しは自分たちの都合というのも主張してもおかしくはないと思います。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム