トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

サラリーマンがネットビジネス系の副業をやるなら会社には報告しない方が良い

サラリーマンでも副業をしている人というのは決して珍しくはないでしょう。それくらい生活が苦しかったり、お小遣いが少なかったりという事情があるのだと思います。そういった理由から、何らかの手段で副業をする人が多いのだと思います。

しかし、多くの場合、副業は会社で禁止されていることが多いです。それは会社の業務に支障が出る恐れがあるからでしょう。しかし、そうなると、会社の業務に支障が出ない範囲での副業は問題ないということになります。コンビニの店員として働くといったような雇用された働き方ではなく、在宅ワークのような形での支障は出ないでしょうから。

こういった働き方は主にネットビジネスに分類されるものですが、自分で働く量を決められます。ですから、会社の業務に支障が出るような働き方は自分で制御できるわけです。これがコンビニの店員とかだとなかなかそうはいかないわけです。ですから、こういった仕事なら会社が禁止する意味はほとんどありません。

しかし、副業自体もそうですが、ネットビジネスで稼いでると聞いて良い気持ちになる上司、同僚の社員というのはおそらくいないでしょう。どうしても、ネットビジネス=楽して稼げるというイメージがあると思いますから。実際は決してそうではないのだけれど、ネットビジネスをやったことのない人ほどこの勘違いは甚だしいと思います。

ですから、いくら業務に支障が出なくても禁止されてしまう可能性があります。実際、家でやっていることなのだから禁止されようが、引き続きやろうと思えばできるわけなんですけど。ただ、明らかに上司や同僚との不和が生まれてしまうでしょう。「俺がこんなに苦労してんのに、あいつはネット楽して稼ぎ(ry」といった嫉妬にも似た気持ちが芽生えることは必至だと思います。

本来の業務に支障が出ない程度のネットビジネス系の副業は禁止される謂れはないわけです。でも、許可をとろうと思って報告をすると禁止される可能性がありますし、今後職場でいづらくなる雰囲気が発生してしまう恐れがあります。したがって、そういった業務に支障が出ないような仕事であれば、もう「趣味」だと思って、報告しない方が身のためだと思いますね。

それは同僚の社員に対しても同様です。いつ上司に報告されてしまうか?分かりませんから。とにかく波風を立てないように、空気を呼んで振舞うことがサラリーマンには必要なわけですから、それをここでも徹底していけるように注意しましょう。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム