トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

アルバイトの面接後の合否結果の連絡がこない理由

就職活動では馴染みの深い「サイレントお祈り」というものがありますけど、アルバイトの場合でもそれと同様のケースはあるようです。それは面接を受けたけど、その結果の連絡がこない。というものです。要は合格者のみ連絡をして、不合格の人はシカトというか、いちいち連絡するのも面倒だし、良いや!って感じなのかもしれません。2ちゃんねるを見ていると、そういう光景は結構あるようです。就職活動のサイレントお祈りよりも、さらに頻繁にありそうな感じですね。

したがって、応募する側もそういうことがあるとあらかじめ想定しているケースもあるようですけど、こういうやり方はどうなんだ?って感じはしますけどね。お店によっては、最初から合格者のみしか連絡しない。不採用の場合は連絡しない。ということを明言しているケースもあります。それなら良いのかもしれませんけど、中にはそういうことを言わないで、連絡をよこさないというケースもあるみたいですから、その場合にはやや腹が立ってくるかもしれませんね。

ただ、お店側の事情を多少考慮すると、手間がいちいちかかってしょうがないのかもしれません。就職活動のサイレントお祈りは、1つの選考を終えて、次に進む人たち、ここで終わる人たちにそれぞれ分かれますよね。すると、不採用の人が同じタイミングで一斉に決まるので、お祈りメールも一斉に送信できるのです。しかし、アルバイトは随時採用の面接を行っているため、同じタイミングで複数の人に一斉にメールを送ることができません。1人につき1回メールや電話、または封書で合否結果を知らせないといけないとなると、非常に手間がかさんでしまいます。

そういった事情もあって、1回1回合否結果を全員に知らせるというのは面倒だ。という事情があるのかもしれません。だからこそ、採用が決定した人のみ知らせるという形をとっているのかもしれません。ただ、確かに面倒なのは分かるけど、そんなに頻繁に受けに来るようなお店ばかりじゃないでしょうから、それくらいの手間は惜しまずにやってよ。と思う人は多いでしょうけどね。おまけにこの理屈でいうと、就職活動のサイレントお祈りは妥当性がないということになってしまいます。

お店に文句言ってもおそらく改善はされないでしょう。したがって、合否結果については、事前に言われた、言われないにかかわらず、返答がない前提で受けた方が良いと思います。何度も何度もこういうケースに遭遇すると、慣れてくるかもしれませんけど、アルバイトの面接というのはこういうものだ。これがある意味常識になりつつあるんだ。と、開き直っていかないと、いちいち憤慨していると多分受かるものも受からない可能性があるので、気にしない方が良いと思います。

したがって、面接を受けて1週間くらいですかね?特に連絡がない場合には、これは何も知らせてこないパターンだな!と考えて、次を受けに行った方が良いと思います。アルバイトは、とにかく数多く受けに行くしかないと思います。そのときには「アルバイトに受からない、何回も落ちる、連敗中の人の原因」の記事でも示したような点をきをつけてもらえると良いかもしれません。特にずっと連敗中で採用してもらえない人は是非チェックしてみてください。

アルバイトの面接で合否結果の連絡が来ないケースはよくあることのようですから、これはもう諦めた方が良いと思います。これは文句を言い続けてもなくなることはないでしょうから。すでに話したように、そういう事態に遭っても、気にしないで次を受けるという気持ちが大切でしょう。数を当たっていけば、いずれ採用してくれるところがあると思いますから。アルバイトのサイレントお祈りに振り回されるのは時間も勿体無いので。


結局、多くの方にとってアルバイトとして採用されるまでの壁としては面接が挙げられると思います。しかし、「ショットワークス」という求人サイトでは、そんな面接を経ずに採用してもらえる求人が多数掲載されています。「面接なし」等で検索してもらえると、該当求人がいくつも見つかると思います。面接が苦手な方や全然採用されない方は、おすすめかもしれません。利用は無料なので、良かったらご利用ください。
面接なしですぐに働ける!短期バイト情報満載
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム