トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

アフィリエイトでサイトやブログは複数作るべきな理由

アフィリエイトをするなら、サイト量産をしている方もいるかもしれません。量産というのはそこまでやるべきか?というのもありますけど、個人的にサイトまたはブログ複数持っていた方が望ましいと思っています。特に初心者の方、まだ経験の浅い方は特定のジャンルに固執するのはあまり望ましくないからです。そのジャンルが稼げるジャンルか?それは、そのジャンルにどの程度ライバルが多くて、ライバルの質はどれくらいか?また、そのジャンルで検索してくる人の数などは、実際にチャレンジしてみないと分からない部分もあるからです。

そうなると、例えば1サイトで1つのジャンルに特化している場合、そのジャンルで稼ぐことが難しいとなると、そこまでの更新作業は水の泡になってしまします。それまでの全部ムダというわけではありませんが、お金にならないので、そこはちょっと無だったかもしれません。そこで、サイト量産というか、複数のサイトを持っておくというのは、リスク分散のうえでも非常に重要だと思います。

サイトごとにジャンルわけをしておいて、ある意味実験を込めてジャンルごとにサイト構築、ブログ更新を行っていくと、アクセスを集めやすいジャンル、成約に結び付けやすいジャンル、結果的に収益が上がりやすいジャンルと、そうじゃないジャンルに分かれると思います。ある意味、そういう失敗と成功を重ねながら、アフィリエイトを続けていくと、自分の中でノウハウ化されて、その後の活動が意味のあるものになりやすいと思うのです。

また、サイト量産をしない場合には記事量産というのも良いと思います。要は1つのサイト、ブログで複数のジャンルのアフィリエイト広告を扱っていくのです。このブログでも実験を込めて、いろいろなジャンルを扱っていますし、イケダハヤト氏のブログなんかもこのタイプじゃないでしょうか?これは結局は多くの記事を書いていくわけですから、サイトを複数作って、更新していくのと大差はありません。どちらかお好みの方を選んでいった方が良いと思います。

あと、複数のジャンルを扱うという話をしてきましたが、アフィリエイトは予算の関係や時期の問題でいきなりアフィリエイト広告を終了させてしまう案件があります。つまり、1つの広告や1つのジャンルに依存していると、それが終了してしまったときに一気に収入がなくなってしまうので、そういう意味では1つの広告に頼らない。複数の広告で収入が確保できるようにしておく。そして、それをさらに複数のジャンルで行っておければ、リスク分散はより高まるということです。

そういった理由で、サイトを複数作って複数のジャンルをやるか、1つのサイトから複数のジャンルをやるか?どちらかを選んでやった方が良いと思います。個人的には前者の方がリスク分散という意味ではなお良いので、こちらをおすすめしたいですけど。1つしかサイトがないと、それが低調になった場合には一気にモチベーションが下がってしまいますから。サイトが複数あると、好調なサイトと、そうじゃないとサイトが分かれても、好調なサイトのお陰でモチベーションは保てると思うので。私の実体験を踏まえると、そんな感じです。


アフィリエイトをする場合には、以上のようにサイトやブログについての数も問題ですけど、どういう広告を載せるか?もとても大切です。「アフィリエイトB」というASPでは、そういったまだ経験が浅い方や売り上げがそこまであがっていない方のために、非常に素晴らしいサービスを提供してくれるのです。例えば、自分のブログやサイトを見せると、経験豊富な社員の方が、数ある広告の中から最も適切かつ、売り上げを最大にできると思われる広告をチョイスして紹介してくれます。なかなか上手くいかないときに、貴重なノウハウ的なアドバイスを直接聞くことができるのは、数あるASPの中でもここくらいでしょう。相談等を気軽にできるので、自分1人ではなく、経験豊富なプロに近い方と一緒にアフィリエイトを成功へと導いてくれる存在になってくれると思いますよ。
話題のアフィリエイトプログラム affiliate B

関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム