トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

内定者懇親会に参加後のお礼メール、手紙は必要?

内定式や内定者懇親会に出席した後には、お礼のメール等はするべきでしょうか?一般的な感覚からすれば、しないよりはした方が良いかもしれません。ただ、その場合には誰に送れば良いのか?とか、そういう問題も出てきます。お礼をする場合には基本的にはメールアドレスが分かっている人、人事の人とか、OB訪問をしたときに会った人などで良いと思います。ただ、Yahoo知恵袋(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211752867)では、実際に人事を担当した人から、「お礼は必要ない」という声もあり、どちらが良いのか?は各自の判断ということになりそうです。以下がYahoo知恵袋での回答です。

採用担当として長いですが、
お礼など見たこともありません。
数十人規模で懇親会何度も何度もやりましたけど、
お礼なんて一度ももらわなかったですよ。

私は「必要」とは思いません。
でも、あなたが送りたいのであれば構わないです。
そういう感謝の気持ちも大事ですしね。
メール程度の簡単なものでいいと思います。



実際、どれくらいの割合でお礼のメール等が送られてくるか?は分かりません。ただ、1つ言えるのは多分お礼をする人は多くないと思います。社会人の礼儀や常識は置いておいて、理屈からいえば、企業側が日にちを指定して開催した内定式で、かつ参加を奨励されているものなら、出てくれた側が感謝をすべきでしょう。つまり、お礼を言うのは企業側ということになりそうです。ですから、学生としてはそれに対するお礼はせいぜい会場で口答で済ませば良いものであり、わざわざ手紙やメールに認めて、伝える必要は無いだろうということです。

また、「内定式の時期が10月1日な理由を就活生は考えるべき」の記事でも書いたように内定式の意味合いは学生の内定辞退を防ぐためのイベントであり、学生の囲い込みがメインです。企業側の都合のみで開催され、懇親会とかそういうのは二の次だと思います。要は内定式に参加してもらって、入社意欲を高めてもらい、その後の就職活動を中止してもらって、内定辞退もしないでもらう。これが企業にとって非常に大切なのです。したがって、企業側の都合のみで開催される儀式に振り回される側がお礼というのも、理屈でいったらおかしな話だということです。

私の印象では、半分くらいの人はお礼はしませんよ。お礼をしても、少なくとも受け取った側は悪い気分にはならないでしょうから、することが問題だとは思いません。ただ、お礼というのは自分の誠意を見せるためであり、誠意というのは他人から強制されて見せるものではないと思います。つまり、自分がお礼をするに値する内定式だったのか?そこが大切です。常識などの観点から、どんなときでもお礼はするべき。という人もいますが、周りから強制されてやるくらいなら、やらなくて良いと思います。実際、やらないと人も多いと思うので。

したがって、空気を読んでお礼をするくらいなら必要ないのでは?と思いますよ。自分の意思でお礼を言いたいほど内定者懇親会だったのなら、しても良いのではないでしょうか?そのときには「http://frankshukatsu.com/?p=4989」のようなページに載っている例文が参考になると思います。御礼をするときのメールの相手や文面等を考えるときには参考にしてみましょう。内定式は基本的に学生のためではなく、企業のタメに行われ、学生が動員されるということをまず知っておきましょう。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム