トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

生活保護費の使途として、パチンコを許容した方が絶対に良い考える理由

どこかの市がパチンコ禁止条例といったものを作って話題を呼んだことがあります。パチンコと生活保護はそれ以来、何故か密接に結びつくものとして記憶に新しいですね。私の考えとしてはまず、生活保護費それ自体が使途は一応制限されていないのだから、受給者が何に使おうがそれは勝手だろうと思います。

それに文句を言いたくなる人の気持ちは多少は分かりますが、その文句は受給者ではなくて行政に言ってください。受給者は悪くありませんから。使って良いと言われたから使っただけでしょう。それで文句を言われるのは筋違いも甚だしすぎます。

では、どうしてパチンコを含めたギャンブルに生活保護費を使われることに納得いかない人が多いのか?私は完全にイメージの問題だと思うんですよね。「最低限の生活ではないだろう!」と反論する人がいそうですが、最低限の生活にあたらない使途なんていくらでもあるわけで、パチンコなどもギャンブルだけが槍玉に上がっているとすれば、完全にイメージの問題だけでしょう。

だいたい、生活保護費のほぼ全額をパチンコにつぎ込んでいるとかならまだしも、本人の努力でやりくりして余ったお金を好きなような使っても私は何の問題もないと思いますけどね。本人の努力で捻出したお金でしょう。そういったどうでも良いような細かいところにまで口を挟まないとやってられない人間の方が私は正直どうなのかな?と思います。

そして、ここからが本題です。私はパチンコなどのギャンブル積極的に奨励とまではいかないけれども、やりたい人は自由にやらせた方が良いんじゃないか?と思います。というのも、ギャンブルは儲ければ申告する義務があるらしいんですわ。だから、ギャンブルをして儲けた分は行政に回って(次回支給分の生活保護費が減るなど)財政が多少潤います。

でも、損した場合はどうなるか?それは受給者本人が困る問題で、再支給はされないはずです。すると、ギャンブルを認めると、損をした場合は受給者本人が困るだけ。得をすると受給者よりも行政が助かるという仕組みになるわけです。ギャンブルを認めると一定の確率で、行政の財政がどんどん潤っていくのではないでしょうか?

だから、行政にとっては、ギャンブル以上にありがたい使い道ってないわけですよ。だって、食費に使っても行政に返ってくるお金はないですから。生活保護制度において、ギャンブルはそこが他の使い道とは異なる、優れた点だと思います。以上が、合理性の観点から、私が生活保護費でのパチンコを含めたギャンブルを認めた方が良いという理由ですね。

ギャンブルを非難する人は完全にイメージの問題が先行していると思います。ただ、使い道として認めていった方がより財政が潤って、生活保護費に回せるお金は多くなり、財政面からくる水際作戦なんてのもやる必要もなくなるし、結果的に受給漏れなんて事態もより減っていくので、より生活保護制度がセーフティネットとして機能していくのではないでしょうか?


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム