トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

アルバイトに正社員と同じ重い責任を押し付けることの是非

アルバイトはどこまで責任を持つべきか?正社員との比較をされることもよくあります。今は学生の間などでブラックバイトなんて言葉も聞かれるくらいになってしまいました。その「ブラック」の意味合いにはいろいろとあると思うのですが、要は仕事の内容と給料が一致してない考えている人が多いようなのです。そして、仕事と給料の金額のバランスに納得いかないような人は手を抜いたりすることがよくあり、いろいろと物議を醸しています。

というのも、特に接客業についてはお客さんが受けるサービスは、アルバイトだろうが、正社員だろうが関係ない。ちゃんとお金を払っているんだから、それ相応の仕事をしてほしい。という要望がある。お客さんの目線からしたら当然そうなのかもしれない。しかし、アルバイトとしては、私の貰っている給料ならこの程度しかやらない。というので、少しを手を抜いている。ここの乖離が今いろいろな問題を生んでいるのでしょう。私もアルバイトをしていたときには、当然時給には納得いっていらず、また2年間くらやりましたが、昇給の気配は全くなく、仕事に対するモチベーションはありません。

正社員もそうなんでしょうけど、アルバイトは基本的に時間給ですから、働いた時間(タイムカードを切ってから、もう1度切るまでの時間)で給料総額が決まるので、要は同じ時間働くなら、手を抜いた方が得だよね!って話になってしまいます。おまけに真面目に仕事をしても、時給は上がらない、賞与もない。となると、真面目にやる意味がないというか、真面目に働くモチベーションがありません。金のためだけにやっている人からすれば、1番合理性の働き方が「クビにならない程度に手を抜く」ということなんだと思います。

正社員の場合は会社もよるかもしれませんが、昇給、賞与がまだ貰える可能性が全然ありますし、そもそもクビになってはいけない強迫観念があるので、真面目に働くに違いないと思いますが、学生のバイトであれば、クビになっても生活に困るわけではないでしょうからね。そこもやはりモチベーションを左右する1つの原因でしょうね。学生バイトはこれから就職を控える身であり、バイトをクビになってもそこまで困る状況ではありません。

時給の安さにうちて嘘があったならまだしも、それで良いと納得して働き始めたんだから、責任を全うすべき。とする声もあります。それも1つの意見として頷ける部分もあるでしょう。ただし、今は高い時給で釣って、実は2人分の仕事をさせられるというお店もあり、実際に契約して仕事を始めてみないと時給と仕事内容の釣り合いがとれているか?については分からないケースもあると思います。そして、多くが時給と仕事内容に釣り合いがとれないようなケースになってきたときに、バイト側はもはやどうしようもありません。

仕事を始めたからには真面目にやれ!ということを強要してしまうと、じゃあ多くの企業がそういう時給と仕事内容に釣り合いがとれない求人ばかりを出す手法が横行をしたときには、そういう仕事が嫌なら働く場所が限りなく少なくなってしまい、学生バイトは良いかもしれませんが、そうじゃない人、アルバイトで食いつないでいる人は、本当に雇う側の言いなりに、奴隷同然の働き方しかできなくなってしまいます。法律が規制できるのは最低賃金や労働時間であり、仕事の内容とか、濃さ、過酷度についてはどうにもしづらいです。

ですから、見た目の賃金や労働時間がいくらまともでも、やっている仕事の内容と比較したら、とても納得できない仕事というのがどうしても生まれてしまいますし、実際に存在しているのでしょう。法律でもなんとかし難い現状があるなら、これはもう実際にそういうところで働くことになったバイトの人間がサボタージュとか、いろいろな方法があると思いますけど、抗議の意を示していくしかありません。一時期、冷凍庫に入る写真が話題になりましたが、あれも結局は待遇や働き方に関する不満が爆発した結果な気がしています。

以前、とあるニコニコ生放送で濱田桂一郎という方が、ブラック企業の基準の1つとして「将来に見返りがありそうか?」という点を1つ挙げていたことがあります。要は若いときにはコキ使われていても、どんどん年齢が上がるについれて、次は自分が若い連中をコキ使えるか?とか、そういう若いときに我慢していれば、将来に希望があるか?どうかを1つ基準にしてブラック企業を語っていました。そういう意味では、アルバイトの場合は基本的には見込みというか、見返りないですよね。

お店にもよるのでしょうが、私みたいに2年くらい働いても時給は1円も上がらない。他に賞与やボーナスもない。私の場合はそこまで過酷な仕事ではなかったですけど、このまま真面目に働くことの見返りが全くないというのは共通しています。そういうバイトは「ブラックバイト」に分類されるのかもしれません。仕事は大変じゃなかったかもしれませんが、いろいろとうるさく言ってくる上司がいましたから。個人的には働くモチベーションをはありませんでした。いつもクビになっても良いや!と思えるくらいに。もっと言うと、向こうからクビにしてくれないかな?(こっちからは言いづらいし)と思っていたのです。

最初の問題に戻りますけど、お客さんが仮にバイトの態度とか、振る舞いにちょっと不満を感じるならば、是非そのバイトではなく、お店側に「客を応対する従業員はバイトじゃなくて正社員にしろ!」と文句を言ってほしいと思います。ここで、バイトに対して真面目に接客しろ!とか、お店に対して「ちゃんと教育をしろ!」と言っても、結局バイト本人が変わらないといけない要求になっているわけですから、ここまでの話を整理すると、バイトが真面目に応対することのメリットがない(真面目に応対しても給料は増えない)ので、それはあまり効果ないのでは?と思います。お金のためだけに働いている学生のバイトは特にね。

真面目に質の高い接客をしてほしいなら、バイトを正社員に変えてくれ!と要望するのが多分1番効果があると思います。私の場合は、接客しているのがバイトなどの非正規だと分かっているなら、彼らの気持ちも十分理解できるので、別に少々不備のある対応をされても、文句言いませんし、むしろそれが当然だよなくらいにしか思わないです。アルバイトという働き方の待遇が世の中全体として向上する方に動いてほしいと思っているので、コンビニとかの時給がくそ安いと思われるところで、元気に応対されると凄い申し訳ない気持ちになってしまいます。そこまでしなくて良いよ・・・。って。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム