トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

内定式を出た後でも、問題なく内定辞退も可能です

内定式を終えた後は内定辞退ができないのでしょうか?そんなことはありません。一応就業2週間前までは法律上は内定辞退が可能です。要は入社式の2週間前までは内定辞退が可能なのです。ただ、あまりに遅くに内定辞退をした場合には、入社後の備品の購入などを先に済ませてしまっているため、損害賠償を請求される恐れがあります。請求される恐れがあるだけで、仮に請求してそれが認められるか?どうかは話が別です。

よほどギリギリにならない限りは損害賠償を請求する企業はあまりないと思われます。企業イメージの悪化を恐れているのかもしれませんし、単純に面倒なだけかもしれませんし。したがって、基本的に内定式を終えた後、内定式に参加した後でも、内定辞退をすることは法律的には問題はありません。ただ、一般常識からすると、問題ありとする声もちらほらあります。それは企業側の都合からなんでしょうけど、学生の自由な就職活動、そして将来的に勤めていける企業を探す権利を妨害するものだと思い、その意見には私は賛同できません。

3月になってから内定辞退をするとかならまだしも、別に10月1日以降も就職活動を続けて、内定を得て、そっちの方が良ければ内定辞退をすることは何ら不思議ではありません。だって、10月1日以降ってのは、実質6ヶ月も残っているんですよ?卒業までそれだけ、さらにもっと良い企業があるんじゃないか?と思って、就職活動をすることは何ら不思議ではない。今のご時勢を考えると、時間が少しでもある限り、少しでもホワイトな企業を探すのに奔走するのは当たり前の行動でしょう。

したがって、学生の立場から考えれば、10月1日以降も就職活動を続ける必要性はまだまだ残っています。だいたい、「内定式の時期が10月1日な理由を就活生は考えるべき」の記事でもお話しましたが、内定式の意味合いを考えれば、10月1日以降も就職活動を続けて、内定を獲って、内定辞退をするのがダメなんて意見は、あまりに身勝手だと考えることができると思います。そもそも内定式なんてものは特に必要ないんです。それがないと絶対に困る理由はありません。今はいろいろな意味がくっついてしまっているケースが多いかもしれませんけど、本来は内定者を確実に入社させるための儀式です。

内定者の囲い込みを行う。我が社に対する忠誠心を高めたり、他者へ浮気することを防止したりして、とにかく内定辞退をさせないように心理的な抑圧を加えるというのが真の狙いだと思います。したがって、企業がやっている内定式自体が、どちらかというと人道に外れた行為なんじゃないか?学生の人生をちょっと妨害する行為なんじゃないか?そして、内定式以降に内定辞退を非難する人も同類なんじゃないか?と思うのです。

学生だって、自分たちの利益を考えればそりゃ時間がある限りは1つでも優良そうな企業を回って内定を手にする努力をすべきでしょう。それは真っ当な考えです。法的にも認められているので。しかし、そんなことをされては企業は困るということで、企業側の都合のみで学生の自由な就職活動とそれによる内定辞退を阻む策略こそが内定辞退なのです。内定式に参加すると、出席後にさすがに内定辞退するのは気が引けると思ってしまったら、まんまと企業の策略にはまってしまった感じでしょう。ちなみに内定承諾書や誓約書にサインをした場合でも、それも単なる儀式で法的な効果は特に発生しないものと考えられているようです。

自分の一生の人生を決めることですから、本当に内定式を終えた企業以上に魅力的な企業があって、そこから内定を貰えたなら、内定式に参加してからでも内定辞退をする勇気を持つことは必要ではないでしょうか?少なくとも法律上は間違ってないです。おかしな一般常識みたいなのを突きつけてくる大人もいるようですが、私はこの常識が間違っていると思います。内定式の意味を考えて、企業の企みにまんまと乗るか、それとも自分の意思で道を切り開くか?考えてみましょう。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム