トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

大学生が就職しない生き方のために、お金を稼ぐ方法を紹介

ブラック企業でこき使われて病んだり、過労死するくらいなら就職しなくて良いじゃん!と個人的には思っています。法律すらも守れない、守っていたら潰れるを言い訳に赤信号をみんなで躊躇なく渡っているのが、日本企業なわけですが、それを国も無視しているのかもしれない。そうなると、もはや就職してお金を稼いでいくという行き方はオワコンとも呼べる手段かもしれません。就職を選ぶ人は今後少しずつ減っていくのではないでしょうか?

とはいっても、就職する人の数は激減はしないでしょう。ネットの普及によって、お金の稼ぎ方はいくらでも見つけようと思えば見つけられますから、そちらに流れる人は増えそうですけど、相変わらず就職して働くサラリーマンの数は減る傾向にはあるとは思いますけど、一定数は必ず残り続けるはずです。でも、心のそこで雇われて働くのは勘弁だと思っている人、就職したくない人は、その道を選ばないで生きていく生き方を模索しましょう。私もそういう生き方を選んだ1人の人間ですから。

私の場合、まずは月収数万円からスタートですね。実家暮らしなので、別に生活に困ることもないんですけど、そういうところからスタートです。みんなこんなもんだと思いますよ。なかなかフリーで仕事をするときに、いきなりサラリーマンと同じくらいの金額を稼いでいる人はいません。最初は本当に数万円、または数千円くらいかもしれませんが、そういう底辺からのスタートになります。でも、それがほとんど当たり前の状態ですから、焦ることはありません。焦らないためにはできるだけ、焦らないで良い状態からスタートを切ることが必要です。

それは例えば、私みたいに実家暮らしであるということが1つ重要です。卒業後でも良いのですが、できるならば大学在学中からそういうことを意識して、学業の合間に卒業後は就職しないでも済むように、準備というか、そのための努力をしていって、晴れて卒業したらそれを継続していくという流れが1番理想です。したがって、少なくとも大学に通っている間は実家暮らしは可能でしょうから、その間に何かしらの行動に移してほしいと思います。私の場合は、卒業後から始めたので、それでも可能っちゃあ可能です。ただ、やっぱりある程度の金額になるまでには時間がかかります。そのときまでの生活費を捻出できることがまず必要です。

そのためには貯金がたくさんあるということもそうですけど、やっぱり実家に住めているというのが大きな要素になります。やっぱり実家に住んでいるというのは、1つ大きなセーフティネットです。中には早く一人暮らしを強いられることもあるかもしれませんけど、働く気持ちがあるのなら、一応家には入れておいてあげてよ。と思います。就職しないで、生きていく方法を確立するまでには、やはり実家に住めることがまず大切になってくると思うのです。

で、実際にフリーランスで仕事をするときにどんな仕事をしてお金を稼ぐか?何を利用してお金を稼ぐか?というのはつきものです。私はいくつかの仕事をやっていますけど、最初に利用したのはクラウドソーシングサイトです。「ランサーズ」とか、「クラウドワークス」というサイトが有名ですね。特にクラウドソーシングサイトを利用した、ライティング業務は誰でも行える要素を持っており、かつ一定金額は十分稼ぐことができると思います。ライティングというのは、文章作成のことで、依頼主から受けたテーマ、文字数を守って書いていくという単純作業です。私もクラウドワークスやランサーズは利用していますが、1日2時間くらいの作業で7万円くらいは稼げました。すると、私は他にも仕事をしているので、これにこれだけの時間しか割いていませんけど、これに集中してもっと時間を増やせば、10万、20万くらいというのも十分稼げると思います。

また、最近私が特に注目しているのが「ココナラ」というサイトです。このココナラというサイトは自分の特技を売りにして、お金を稼ぐことが可能です。このサイトだけで、多くの金額を稼ぐのは厳しいですが、収入源の1つにするには良いと思います。いろいろなジャンルのサービスを提供して、利用者から報酬を受け取ることができます。例えば、就職活動の学生にアドバイスをしたり、履歴書やエントリーシートの添削をしたり、受験生の受験相談に乗ったり、あとは自分の使っているFace bookやTwitterアカウントから、誰か依頼されたサイトやブログの宣伝をしてあげたり、自分が持っているスキルや過去にしてきた経験を生かした仕事をすることができます。今のは一例です。本当にいろいろなジャンルがあるので、1度確かめてほしいと思います。

人には誰でも1つくらい得意なものがありますよね。それを生かした仕事ができるというわけです。料金は最初は1回500円からです。500円だと、大した金額にならないと思われるかもしれませんが、それが多い人だと月に何十回、何百回とサービスの購入があります。すると、かなり稼げる人もいるわけです。また、1人で1つだけじゃなくて、複数のサービスを登録することも可能ですから、そうすればそれだけ購入される数は増えやすくなりますよね。

また、ココナラはネット上のみの取引ですけど、リアルで集客できるような自信のあるスキルや経験、他人に施せるような何かがある場合には、実際に教室を利用して、多くの人たちに学びの場を提供する。それを手伝ってくれるのが「ストリートアカデミー」になります。非常に幅広いジャンルがあるので、その中で自分が何か詳しいこともあると思います。それを利用してお客さんを集めて商売をしたいというときに、力になってくれるのがここになりますね。ストリートアカデミーは、商売を始める側だけではなく、お客さんとして利用することも可能です。したがって、就職したくないとか、起業したいと思っている人は、そのジャンルがありますから、そこを利用して勉強していく、ノウハウや知識を伝授してもらうというのもありでしょうね。

そういった感じで、ここでも紹介しきれないくらいに就職しないでも生きていける、最低でも生活保護でもらえる金額、最低限度の生活を送ることが出来る金額は稼げる方法はあると思います。今後もいくつか紹介していきたいと思うので、良かったらご覧ください。就職しないとお金を稼げない。就職以外ではアルバイト、派遣の非正規しか道がないと考えてしまうのは大きな間違いだということです。他にもいろいろな方法を駆使して、生きていくことはできます。稼げる金額はそこまでいかないかもしれませんが、就職する場合と比べて、馬車馬のごとく働く必要はないし、仕事について自由度が高いので、自分の時間も十分持てるでしょう。就職しないことで得られるメリットは相当大きいと思います。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム