トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

内定式の後の飲み会に出たくないなら、欠席して良いと思う

内定式では、ただの懇親会という意味合いが非常に強いと思いますけど、一般的な式が終わった後には飲み会などが開かれることもあるようです。懇親会も似たようなものかもしれませんけど、少なくともお酒は飲まないですよね。簡単な食事などになると思います。その後、改めて親睦を深めるための飲み会になると、ちょっと気が引ける人も多いのではないでしょうか?今は飲み会などのイベントが大嫌いな人も増えてきていますから。

懇親会は改まった席でしょうけど、飲み会はそういう雰囲気じゃないですよね。思いっきり楽しもうとする内定者が確実にいると思うので、そういう人たちが作っていく雰囲気に慣れることができるでしょうか?おそらく、内定式の後に開かれる飲み会は参加しない人も多くいると思うので、その前に帰ってしまうのもありだと思います。というか、内定式に出ただけでも、その日の役目は終えたといって良いでしょう。

会社の人も全員参加するわけじゃないでしょうし。内定式にはきちんと出たので、入社後にはぶられる心配はないと思います。内定式にすら出ていないと、入社したときに「誰こいつ?」みたいな雰囲気になってしまうかもしれません。しかし、内定式には出ていれば、そこまでにはならないでしょう。というか、飲み会嫌いな人は多いですから、飲み会に参加しないで帰る人も一定数はいるはずなんですよ。

すると、飲み会に参加しないと、輪の中に入れないということはないと思います。飲み会に積極的に参加するような人たちの輪には入れないかもしれませんけど、飲み会に出たくない人たちで輪ができるでしょうから、そちらの方に入っていけば良いと思います。そういう人たちは入社した後もほとんど飲み会には参加しないのではないでしょうか?多分、二極化まではいかないかもしれませんが、ある程度グループに分かれると思います。ウェーイ!が好きな人たち、そういうのが苦手な人たちで。

したがって、内定式の後にそういう飲み会みたいなのがあったとしても、無理に参加する必要はないでしょう。参加を躊躇うような人はまず楽しめないと思いますから。同じような人たちが多分少しはいるはずなので、そういう人たちと仲良くして愚痴をこぼしあっていると少しは気も紛れるのではないでしょうか?内定式の後に飲み会をやるような企業はあまり多くないと思いますけどね。内定式の内容とか、飲み会の有無とかで、その企業の気質や雰囲気がある程度分かると思います。内定式の後にもまだ就職活動を続ける気がある人は、その場でここで勤めていけそうか?判断しましょう。

内定式自体が企業の内定者の囲い込みのために行われる意味が強いと思うのは以前お話しましたが、内定式やそれに付随する飲み会など、いろいろことを企画したり、金をかけてくることも多いです。ただ、別に内定式に出たから必ずその会社に入らないといけないことではありません。1つ言えるのは、内定辞退をすることを迷うような心理状態にさせるのが企業側の手口ですから、内定式や飲み会に参加してみて、内定式だけでも良いですけど、自分に合う、合わないを考えるとともに、今後就職活動を継続するか?どうかを考えていきましょう。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム