トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

内定式の時期が10月1日な理由を就活生は考えるべき

10月1日頃には全国各地で内定式が行われるかと思います。内定式というと、別に違和感を感じない人が多いのかもしれませんが、そもそも内定式って、何のために行われているのでしょうか?それは単純に言うと、「内定者の囲い込み」でしょう。内定者の囲い込みというのは、別に内定式だけではありません。企業によって、いろいろな方法が使われていると思いますけど、その中で最もメジャーというか、よく使われるのが内定式なのだと思います。

内定式で行われていることを分析してみると、あえてやる必要性が乏しいもの、または時期にやる必要がないものが多い気がします。内定式それ自体を行わない企業も多くあるので、内定式が絶対にないとダメではないのです。つまり、内定式をやる企業というのは、内定者を他の企業に獲られないため、または内定辞退をさせないために、心理的に圧力をかける一環として行われている可能性が考えられるのです。

内定式に出ると内定承諾書なるものにサインさせられることが多いみたいです。そこにサインすると、さすがに内定辞退はマズイよな・・・。と思うでしょうし、内定式みたいな金をかけたイベントが終わってから内定辞退をするのは流石に気が引ける。そう思う人が多いと思うのです。そこを狙っているともいえます。内定式が10月1日というあまりにも早い時期におこなわれるのもそれが理由でしょうね。要は内定式の時期を遅くすればするほど、より多くの企業から内定を貰う余地を与えてしまい、結果的に自分のところが蹴られる可能性を増してしまいますから。

でも、早すぎても倫理憲章の問題もあって、非難の的になる。だから、そこで妥協された結果が10月1日の時期なのではないでしょうか?全国の企業が足並みを揃えて10月1日に内定式を行う不思議もこれで解決します。要は10月1日の時期に内定式をやる企業が多ければ多いほど、個別に企業に対して文句がきづらくなるのです。だから、すでに10月1日に内定式をやる文化が定着しているなら、それに乗っかった方が良いってことです。10月1日は「内定式の日」というのが、多くの人の頭に定着すると、それを不思議に思う人は少なくなりますから。

しかし、本来なら、別に10月1日以降も就職活動をして、内定を貰って、それ以前に内定を貰った企業に内定辞退をするというのはおかしくないわけです。世の中には、企業に迷惑がかかるから、内定式以降は内定辞退をすべきじゃない。と言う人もいますが、これは企業の都合しか考えないで、学生にその都合を全て押し付けている例です。法律上は内定辞退は入社する2週間前までOKです。また、先ほど挙げた内定承諾書にサインするという行為も、単なる儀式であって、法律上の問題ではないのです。内定承諾書にサインをすると、以降内定辞退はできないなんてことはないみたいです。

本来は3月の中旬くらいまでは就職活動をする権利が学生にはあります。しかし、それは各企業にとっては、内定辞退をされるリスクがあるということも同時に意味しているのです。そして、実際に遅い時期に内定辞退をされると非常に困る。そのリスクをなんとか小さくしたい。と思って、今のような内定式になったのでしょうね。考えようによっては、内定式を行っている企業というのは、企業の都合を押し付ける体質の企業ともいえるかと思います。働き始めた後も企業の都合で労働者に無理を強いてくる可能性が潜在的にあるかもしれないってことです。内定式を実施する企業の方が多いみたいですから、日本の中にはそういう企業がわんさかあるってことかもしれません。

特に今話題になっている、内定辞退をするとカレーをかけられたとか、脅されたとかいうパターンもそういう体質の一例でしょう。内定式を行う企業はたくさんあるので、全てがそういう体質とは言えないでしょうけど、内定式をやること自体がどちらかというと、企業の都合を押し付けて、学生の自由な就職活動を妨害する行為と見られてもしょうがないと思います。内定式で行われることは、後の研修、入社式等で代替できるものばかりです。そして、この時期にあえてやる必要性も乏しいとなると、事実上これといった理由がなければ、参加を強制される内定式は、学生にとってはただの罰ゲーム、企業にとっては内定者を確実によそに渡さないための策略なのかもしれません。

今はブラック企業が溢れている世の中ですから、1つでも多くの企業から内定を得て、1番ホワイトっぽいところ、1番信頼がおけそうな企業を選ぶというのは非常に大切なプロセスです。そのためには、やっぱり少しでも長い期間就職活動をしていかないといけません。その就活生がブラック企業から逃れて、自分に相応しい企業を選ぶ権利を妨害する。いわゆる社畜となってしまう可能性を増す要素の代表例が内定式ではないでしょうか?社畜を生む原因の1つには内定式によって、ホワイト企業に勤める可能性を下げ、ブラック企業に勤める可能性を上げてしまっているということもあるんじゃないか?と思います。

これまで参加されてきた方、これから参加を考えている方は、内定式をやる企業っていうのは、そういう企業という可能性もあるということを是非考えておいてほしいと思います。内定式そのものが、自分がその会社で将来どういう働き方を強いられるのか?社畜となるのか?そうじゃないのか?を判断できる最後のチャンスかもしれません。内定式に参加した後にも内定辞退は法律上可能ですから、内定式を単なるイベントとして見るのではなく、この会社は労働者をどういう風に扱うのか?とか、ちゃんと人として見てくれそうか?企業の都合で労働者に無理な労働を強いたりしないか?といった、非常に重要なポイントを自分なりに調べていくようにしましょう。内定式そのものの意味を考えてみると、結構恐ろしい事情が隠れていたりすることもあるかもしれませんから。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム