トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

アルバイトにどうしても受からない人っていると思います。今は本当にアルバイトでも仕事の奪い合いで、条件の良いところはすぐに埋まっていきます。逆に飲食業界などは、いろいろな企業によって、酷い待遇を強いられるために、時給をいくら上げても人が来ない!というくらいです。別に業界を気にしていなかったり、仕事がきつくても良いという人は、居酒屋などの飲食業界に応募すると、採用可能性は上がるかもしれません。ただ、やっぱりそこは嫌だ!というのであれば、どうして受からないのか?その原因を探ってみる必要性があります。

どうして、アルバイトに全然受からないのか?その原因として考えられるのは、主に以下のものではないでしょうか?

・家からあまり遠い場所での勤務になる
例えば、電車を使って1時間くらいかかるとか、一般的に見てちょっと時間かかっていると思われるような場所に応募していると、採用確率は下がる模様です。それは例えば、代わりとして出てほしいときにに声をかけづらい。1時間もかかってしまうと、連絡してから実際に到着するまでに、時間がかかりすぎてしまうので、意味がない。または電車の遅れや、運転見合わせなどによって、お店まで到着できない、もしくは大幅に遅れてしまう可能性もあるからです。それはアルバイトの人が悪いわけではありませんけど、お店としては非常に困る事態です。

ですから、家が近いのと遠いのでは、間違いなく近い方が有利です。そして、できるだけ公共交通機関を使わないで辿り付ける場所にあるのが望ましいです。ただ、これは自宅から向かい場合であって、例えば大学生は大学から直行したりもします。その場合、自宅から近くても大学から遠くて電車を使わないといけないケースも多々あります。ただ、そこまでのことは多分考えてない気もします。そこまで問題視すると、大学生とかも雇えないので。あくまでも自宅と勤務地の距離関係が大切だと思うのです。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム