トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

センター試験当日の服装や持ち物の注意点

センター試験が行われるのは真冬です。2月が差し迫ってきた頃ですから、かなり寒い。私も何年か前にセンター試験を受験しました。やっぱり寒かった記憶があります。私は私立大学志望で歴史を勉強していたので、2時限目の地理歴史から受ければ良かったのですが、調子乗って1時限目の公民の試験に出て、現代社会を受けてきました(笑)高校の授業と、2ヶ月くらいちょっとだけ勉強しただけだったので、結果は悲惨なものでした・・・。他の3科目もちゃんと受けました。

だから、必要以上に朝早く起きて行ったので、そりゃ寒いですよ。試験会場は都内の某大学でしたが、高校の通学路にかなり近かったので、すんなり行けました。会場に着くと、そこでたまたま高校の友達に会いました。その人も歴史勉強していたはずなのに、何故か公民に時間からいるんですよ!やっぱり、こういう人多かったのかな?今は時間割がちょっと違うみたいですけど、何年か前はこんな感じだったんです。

さて、本題に映りますけど、私は地方の天候についてはよく分かりませんが、都内でも首都圏でもやっぱりセンター試験の季節は寒いです。ある意味、1番体調を崩してはいけない時期ですから、防寒には気を使いたいところです。今でさえちょっとオシャレに気を使っていますが、当時はそこまで配慮していなかったので、ダウンジャケットが1番暖かいだろうということで、私はダウンジャケットを着ていきました。着膨れしていた感もあり、今それを着るか?というと、多分着ないでしょう。個人的にはダウンジャケットはあまりオシャレな感じがしないので。

でも、風邪をひかかないことが受験生にとっては1番先決ですし、防寒具としては最善ですよね。ダウンジャケットは。ですからセンター試験のときの服装としては、まずは寒さを凌げることが大切だと思います。センター試験で終わりではないですから、2月になると皆さん国立大学の二次試験とか、私立大学の一般入試を受けるでしょうから。あと、現役の高校生であれば、制服で受験される方もいます。私服を考えるのが面倒だったりするのかもしれません。個人的には制服で受験している高校生を見ると、微笑ましいですね。制服で受験する姿こそが、何か受験だな!って思えてくる部分もありますから。

ただ、制服の場合はそこまで厚みがないので、何枚も着込むかカイロなどを一緒に持って行ったり、身体に貼って行った方が良いと思います。あと、ブレザーであれば、他にセーターとか、ワイシャツとかも一緒に着ると思いますけど、さらにその下に家にあるTシャツでも何でも良いので、1枚は最低何かを着ていくと良いと思います。この1枚が大分寒さを軽減してくれると思いますから。あとはマフラーとか、コートとか、各自持っている防寒アイテムを組み合わせていきましょう。コートは邪魔になりそうなので、あまり持っていかない方が良いかな?だからこそ、1番下に着る1枚を増やすことが重要なのです。

持ち物に関しては特にこれといって持っていかないといけないものはないと思います。受験票、筆記用具、携帯電話、時計、昼食、勉強用の参考書、問題集などくらいは皆さん最低持っていくでしょう。自分のセンター試験を振り返ってみて、特別持っていってよかったもの、持っていけばよかったものというのは、あまり思い浮かびません。ただ、私の場合は母親が買ってきてくれたお守りを持っていきました。試験中とか、それ以外の時間で別に使うことはないんですけど、当日持って行ったカバンの中にお守りを入れて、ちょっと頼れる存在みたいな感じで、神頼みみたいな意味合いもあったかもしれませんが、一緒に戦ってきました。

その後の私立大学の入試のときも欠かさず入試を受けるときには持って行きました。そのお陰もあってか、第1志望ではないものの、行きたかった大学に無事合格することができました。皆さんもお守りでも、そうじゃなくても良いんですけど、一緒に持っていくと力が出そうな存在になっているものがあれば、是非一緒に持っていきましょう。受験と関係なくても良いので。そんなところですかね?持ち物についてはそんなところですけど、昼食については、食べた後にも試験が残っていますから、頭が冴えやすいものを選んで買っていったりすると良いと思います。その辺は専門外なので、各自で勉強する前に食べるものとしては、どんなものが良いのか?調べてみてください!
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム