トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

公務員試験の面接試験を合格するコツ、極意ってあるの?

公務員試験で合格するためのコツってあるんでしょうか?面接試験はとにかく読めないのです。面接官が何を考えているのか?分からない。そもそも何が基準にして点数がつけられているか?どこを見られているのか?予想が難しいのです。面接試験の場合は、手応えと結果がなかなか一致しないケースが多いです。筆記試験はそうでもないと思いますけど、それだけ自分の面接の出来と面接官が感じた面接の出来は違う。もっと言うと、自分が面接対策の中で力を入れてきたところが評価されていない。もっと別のところが評価されているかもしれないのです。

面接試験で1番困るのは後からフィードバックができないことです。それは1度面接試験を受けて不合格だった場合に、その不合格の原因が突き止められないことです。逆もそうです。面接で合格した場合も、果たして何が理由で合格したか?は分からない。これは受験者全員に付きまとうことです。そうなると、何が適切な面接対策なのか?そんなの分かりっこないんです。だから、面接対策にお金を払うのもちょっとどうなのかな?と思わないでもないです。

予備校とかに行くと模擬面接って受けますよね。模擬面接の意味は、模擬ではあるけれども実際の面接を経験できることにあります。そこは非常に大きな意味を持つと思います。しかし、それだけだと思います。面接官役を担当した職員から、アドバイス的なこと言われると思います。どういうことを言われるのか?分かりませんが、それは面接での合格率を上げるアドバイスなのでしょうか?それははっきり言って分からない。未来永劫分からないのです。

模擬面接を終えて言われたアドバイスを実践して受かったとして、果たしてその部分が評価されて受かったのか?は分からない。逆に模擬面接を終えて言われたアドバイス通りにして不合格を食らったとしても、その部分が評価されたけど、受からなかったかもしれない。ましてや公務員試験の予備校で面接官役を担当するのは、予備校の普通の職員とかだったりするので、多分講師とは違う可能性もあります。講師にもいえることですが、彼らは多分公務員試験を受けていない人が多いと思います。だから、実際の面接についてどのくらい知っているのか?分かりません。

実際の公務員試験を受けていないから、彼らの意見が参考にならないということではありません。そもそも参考になるか?どうかはそれぞれの受験生が決めることです。だって、公務員試験の参考書とか買うときに、その著者がどんな人か?とかいちいち調べてから買う人は少ないと思いますし。問題は書いた人がどんな人か?じゃなくて、そこに書いてある内容にどの程度頷けるか?だと思います。ですから、面接試験に関しては、どれだけの経験者だろうが、そうじゃなかろうが、その人たちの言うことは正解じゃなくて、意見の1つに過ぎないということです。

そうなると、誰のどういうアドバイスが信用できるか?ということだけに限られてきます。面接対策本、またはネット上に出回っている情報には、具体的な質問例が載っていて、それに対する回答例が載っていると思います。そういう本、またはサイトをいくつも見て、自分が納得できるもの、自分がこれは良い回答じゃないか!と思えるものをチョイスして、本番で喋るようにする。これしかないと思います。何を話せば正解か?は分からないので、自分が正解に近いものじゃないか?とちょっとでも思えるものにした方が良いと思います。

そういう意味では、本やサイトも1つ見て終わりじゃなくて、できるだけいろいろなものを見て吟味することが必要かもしれない。最終的に自分が1番信頼できると思うものを選んで本番で話してみましょう。それしかないです。そういうプロセスを踏んでも、それが面接官に評価されるか?は分からないし、結果的に合格するか?は分からない。運ゲー要素が限りなく大きいので、落ちたとしても、面接官との相性が悪かったと諦めるしかないです。きちんと努力をしたのであれば、悪いのは受験生ではない。面接というシステムで普通に起こりえることが起きただけです。

そうなると、1番のコツは相性の良い面接官に出会うことだという話になります。自分と相性の良い面接官に出会う確率を上げるにはどうすれば良いですか?自分で面接官は選べないので、筆記試験を1個でも多く合格して、受験できる面接を増やすしかありません。そう、面接試験を突破する鍵は実は筆記試験にあるのではないか?と思います。筆記試験の段階から、面接試験の合格への道のりはすでに始まっていると思うのです。面接対策の時期にこれを知ってもしょうがないですが、これから筆記試験を受ける人は、そこを意識してほしいと思います。


公務員試験の面接対策本の中では、特におすすめしたい一冊です。具体的に何を話すか?は決まっていたとしても、それをどのように話すか?で悩まれている方もいるかもしれません。言葉選び、表現方法1つでも評価はがらりと変わる。それは面接官にとっての感じ方がまるで違うから。そういったちょっとしたテクニックなども学べる面接対策本ですから、公務員試験の面接対策で悩んでいたら、良かったら読んでみてください。

関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム